O脚もX脚も歪みが原因

写真拡大

鏡に映った自分の脚が太くてがっかり…という人はいない?実は、歪みを正せば誰でも脚線美を手に入れられるって知ってた?骨盤や脚の歪みを寝ながら治す「ひもしばりダイエット」。これは、整体でも行われている治療法だから安心♪O脚もX脚も歪みが原因。そもそも歪みが生じる原因と、今日から実践できるひもしばりダイエット方法を一挙ご紹介♪

■ 骨盤の歪みが下半身を太くする

骨盤の下には子宮や臓器があり、歪みが生じると内臓が下垂してしまう。そうなると、血流が悪化して機能が低下。そして空いたところは脂肪が埋めてしまうことに。女性に冷え性や下半身太りが多いのはこのせい。さらに、デスクワークで座りっぱなし、ハイヒールで歩く、脚を組む、片方の肩にばかりバッグをかけている、など、女性は股関節や骨盤を歪ませてしまう原因が日常的にいろいろ。脚の長さが左右で違っている人も多いそう。美脚を目指すには、まず骨盤や股関節を正しい位置に修正するのが最優先というわけ♪

■ 寝ている姿勢は脚を矯正しやすい

寝ているときに矯正を行うのが良い理由は、脚に余計な力が入らず、固定した正しい位置に矯正しやすいから。股関節が正常な位置に戻ると、圧迫されていた大腿動脈の血行が即良くなるから冷えも解消♡老廃物も流れやすくなって翌日のむくみ対策にも◎

■ しばる場所は3か所

まず、しっかり結べる幅のひもを用意。細すぎると血管を圧迫するので注意。5センチ以上ある幅のひもか、ネクタイでもOK。ストッキングなど伸縮性があるものも固定しにくいので避けるように。

【しばる場所】
・膝の上10センチ→膝の下→足首

しばりすぎると寝ているときに苦しくなるので、適度に加減するのが大切。膝の骨がぶつかって痛いときは間にタオルを挟んで。慣れるまでは膝の上の1本しばりから始めるのがオススメ♪膝上の1本しばりは、デスクワークが続くときや長時間の移動で座りっぱなしのときも実践可能。骨盤が常に正しい位置に固定されるので、冷えにくく、上半身の疲労にも効果的なのだそう。ひもしばりダイエットは定期的に行うのがポイント。というのも、習慣になっている歪みのクセはそうそう直らないもの。しばった直後は矯正効果があっても、すぐに元に戻ってしまうこともあるので、毎日の積み重ねが肝心。

■ 足以外でもできる!ひもしばりダイエット応用編

じつは、ひもしばりダイエットは脚以外にも応用できちゃう♪例えば、おへそのあたりをぎゅっとしばる方法。こちらは息を吸ってお腹をへこませ、それを維持するエクササイズ「ドローイン」の簡易編。お腹にひもで縛って1日過ごすだけで、インナーマッスルに意識がいってシェイプアップするという仕組み。このダイエットも、お腹が引き締まるだけでなく、むくみや冷えの改善に期待が!

■ ダイエットは苦行じゃない!誰でもできる自然な方法から

忙しい日々でダイエットを実践するのはなかなか大変。挑戦してつまづいた人も多いはず。でも、ひもしばりダイエットなら生活リズムを崩すことなく取り入れられる。誰でも自然体でできる、ひもしばりダイエットで、美しい脚とボディを手に入れちゃおう!

(image by amanaimages)
(著:nanapiユーザー・ls2016 編集:nanapi編集部)