毎回好評をいただいている銀座の美人ママによるメルマガ『銀座ママ日高利美のメールマガジン「銀座の教え」』。今回は、あなたの株がグングン上昇する「会食マナー」について、利美ママがとことんレクチャーいたします。フォークやナイフの使い方が完璧でも、気配りが出来なければ相手に好印象を与えることはできません。どんなタイミングで何をすれば良いのか、しっかり頭に入れておきましょう!

一緒に食事をした時の印象で、その後の関係は大きく変わる

今回は会食のマナーについて書かせて頂こうと思います。

人は一緒に食事をすると距離が縮まり親しくなれます。

会食の場面でこの人は出来る人だなと思われたり、また是非お食事をご一緒したいなと思われる人がしてしていることがあります。

10の会食のマナー

1.好き嫌いを言わない

食べ物の好き嫌いがあったとしても基本的に言わないようにしましょう。

特に、ご馳走になる立場の時には言ってはいけません。

嫌いなものでも出てきたら食べることをおススメします。

もし、どうしても食べられない時には予約の時や注文の時に伝えるといいと思います。

アレルギーがあるものは仕方がありません。

また会食で集まるメンバーのアレルギーがある食材は予め確認しておくことが大切です。

2.食べ物を残さない

食べ物を残さないで美味しそうに食べる人が大切にされます。

特に体育会系の人たちにその傾向があるようです。

ですが、普段からあまり量を食べない人や体調が優れない時だってあります。

そういう時には注文する量を減らしたり、お店によっては持ち帰りが出来るところもあるのでお店の人に相談してみるといいと思います。

3.人の飲み物にも気を配る

人が飲んでいるものが減っていたら

「次は何を飲まれますか?」

とか

「同じもので宜しいですか?」

と声をかけ、注文してあげると気が利く人だと思われます。

自分の飲み物のグラスだけでなく人のグラスの減り具合にも気を配りましょう。

4.動きやすい席、場所に座る

接待で自分が一番目下で気を配らなくてはいけなかったり、その会で一番年下だったりした場合にはお店の人とコミュニケーションが取りやすい席に座りましょう。

基本的にその席は下座と呼ばれる席になると思います。

5.相手の利き手を気にする

会食する相手の利き手を覚えておくことをおススメします。

左利きの人は自分の左隣りに人が座るより右に座る方が身動きが取りやすいようです。

また箸置きの置く場所も右利きの人とは逆になるので、もし事前に相手が左利きだということを把握していて座る位置が決まっていてるようなら、予め箸置きの向きも合わせておくといいでしょう。

6.取り分ける

接待で自分が一番目下で気を配らなくてはいけなかったり、その会で一番年下だったりした場合にはお皿の料理を小皿に取り分けましょう。

女性の場合は

「自分でやるからいいよ」

と言われても

「せっかく女性が居ますから…」

のように言って率先して取り分けると株が上がります。

また取り分けるのが面倒な場合など、お店の人に取り分けてもらえるようお願いしておくといいと思います。

7.皆で分けられるものを注文する

コース料理じゃない時は基本的に皆で分けて食べられるものを注文しましょう。

「好きなもの食べていいよ」

と言われても、自分が食べたいものが取り分けるのが難しいものなら違うものを注文するのが無難です。

自分が食べたくて注文したものでも料理が来たら

「よかったら召し上がりますか?」

のひと言を添えることを忘れずに。

8.人の注文を覚えて優先順位順に伝え最後に自分の注文をする

接待で自分が一番目下で気を配らなくてはいけなかったり、その会で一番年下だったりした場合には店員さんに料理の注文をする時、人の注文を覚えてその席での優先順位順に伝え最後に自分の注文をするようにしましょう。

もし、その席での優先順位の順番に注文を覚えることが出来なかったとしても、決して自分の注文から伝えてはいけません。

人の注文を覚えて優先順位順に伝え最後に自分の注文をするという何ら仕事とは無関係に見えるこのことが出来る人だと思われる行動のひとつなのです。

9.話の方が大事ならコースを注文する

話すことを重視するならば注文する手間を省いてコース料理を注文することをおススメします。

コース料理なら取り分けるという手間も省くことが出来ます。

ですが、注文する時や取り分ける時に相手に自分が気が利く人だという見せ場が少なくなってしまいます。

なので、せめて相手の飲み物のグラスの減り具合には気を配り、タイミング良く注文することを忘れずに。

10.お店を出たい時間を伝えておく

気の利くお店だとお店側から

「今日は何時ごろにお店を出られたいとかありますか?」

と聞いてくれますが、聞いてくれないお店も少なくありません。

ですので、予めお店を出たい時間を伝えておき、それに合わせてお料理を出してもらうのがいいのではないかと思います。

お食事する相手によってはお帰りになるタクシーを用意しなければいけないこともあるかもしれません。

そのタイミングもお店側に伝えておけば、お待たせすることがなくスマートです。

この10の会食のマナーを実践することで、この人は出来る人だなと思われたり、また是非お食事をご一緒したいなと思われること間違いなしです。

image by: Shutterstock

 

『銀座ママ日高利美のメールマガジン「銀座の教え」』

10歳の時の夢を叶え銀座のオーナーママになった利美ママのメールマガジン。22年間、夜の銀座でたくさんの男女と出会ってきたからこそ知っている人との接し方や心遣い、恋愛や結婚などの男女の関係や仕事での人間関係などが上手くいく秘密、銀座界隈でのデートや接待でつかえるお店や誕生日やお祝い事、ちょっとしたお礼に喜んで頂けているプレゼントなども紹介します。初月無料。

<<登録はこちら>>

出典元:まぐまぐニュース!