栄枯盛衰は世の習い、である。2016年の鈴鹿8耐は、その対比が鮮やかに浮き彫りになるレースだった。

 昨年の大会では、「企業創立60周年」という記念の年に8耐のファクトリー活動を再開させ、威信をかけて臨んだヤマハ・ファクトリー・レーシングチームが、エースの中須賀克行に加え、MotoGPで戦うポル・エスパルガロとブラッドリー・スミスを擁して19年ぶりの勝利を達成した。

 2連覇がかかる今年は、スミスに代え、SBK(スーパーバイク世界選手権)ライダーのアレックス・ロウズが加わった。MotoGPの設計思想と技術を存分に反映させたマシン・YZF-R1の戦闘力も高く、今年も彼らが優勝候補最右翼と見なされるのは当然のことだった。

 レースに先立ち、ヤマハ発動機技術本部MS開発部長・辻幸一は、昨年の8耐以降、マシン性能やレース戦略を含め、「150箇所の問題点を洗い出し、その改善に努めてきた」と話した。なかでも、昨年のレースで最大の懸案事項だった燃費については、10パーセントもの向上を果たした、と述べ、「レース展開にもよるが、(現行のコースレイアウトで最多周回数記録である)217周を目指したい」と、大幅な燃費改善に自信を見せた。

 レースウィークに入っても、ヤマハ・ファクトリーは練習走行から一貫して盤石の強さを発揮し続けた。ほぼすべてのセッションでトップタイムを記録し、土曜に上位10チームがタイムアタックで最終グリッド順を競うトップテントライアルでは、エスパルガロが昨年に引き続き最速タイムを叩き出してポールポジションを獲得した。

「明日は、スタートライダーを務める中須賀さんがパワフルな走りを発揮してくれると思うので、楽しみにしている」

 そのエスパルガロの期待どおり、日曜午前11時30分にスタートしたレースでは、速さ、強さ、巧さをすべて併せ持つ中須賀が序盤から高い安定感で先頭グループを走行。1時間を走り終えてトップの順位でピットへ戻り、ロウズに交代した。ロウズは切れ味の鋭い走りで、次々と眼前に現れるバックマーカー(周回遅れ)たちを鮮やかに処理しながら、トップの位置を保ち続けた。3番目の走行になったエスパルガロも、中須賀とロウズが築いたアドバンテージをさらに大きく伸ばした。

 以後の走行でも、3人はまったく隙のない安定性を維持しながら、高水準のスピードで灼熱の鈴鹿サーキットを走り切った。日没後の午後7時30分にロウズがトップでチェッカーを受けたとき、彼らが8時間のあいだに積み重ねた周回数は、レース前に辻が目標として述べた217周を上回る218ラップを記録していた。

 3人のライダーたちはそれぞれの表現で、自分たちの喜びを表した。

「ウィークを通して今日がもっとも暑かったので、コンディション的には厳しいレースだったが、(序盤1時間の)ラスト10ラップでトップに立ってからは、しっかりとペースを掴んで走ることができた。チームスタッフとライダーがそれぞれ自分の仕事をしっかりこなせたことが、今回の勝利につながったと思う」(中須賀)

「最高のバイクを仕上げてくれたヤマハに心から感謝をしている。本当に素晴らしいレースだった。中須賀さんが1年かけてじっくりとバイクを仕上げ、アレックスも存分に強さを発揮した。きっと来年も、彼らはやってくれるに違いない」(エスパルガロ)

「自分にとっては8耐初勝利で、今までの人生で最高の瞬間になった。週末を通して、チームワークも雰囲気も完璧だった。このレースに向けて努力してきたチームスタッフと全関係者に心から感謝したい。また、来年もここに戻ってきたい」(ロウズ)

『最速の挑戦者たれ』を合い言葉に、連覇を目指して臨んだヤマハ・ファクトリーは、まったく隙のない強さで今年もまた8耐を制覇した。

 だが、勝者の華やかな明るさが際立つときには、敗者の影もまた、くっきりと浮き彫りになる。

 2013年と2014年の8耐を連覇し、昨年はヤマハ・ファクトリーに栄光の座を奪われたMuSASHi RT HARC-PRO.(ホンダ)は、表彰台の頂点奪還を目指して今年のレースに臨んだ。昨年は若くして現役を退いた元世界チャンピオンのケーシー・ストーナーが1戦限りの復帰を果たし、3連覇に大きな期待がかかったが、ストーナーが走行中にマシントラブルで転倒し、あえなくリタイアとなった。

 そのリベンジを果たすべく臨んだ今年の大会は、8耐を知り尽くす高橋巧とマイケル・ファン・デル・マークに、2006年MotoGP王者のニッキー・ヘイデンが加わった。5番グリッドスタートのHARC-PRO.は、高橋がスタートライダーを務めた。その後、SBKでも高い才能を発揮しているファン・デル・マークが2番手の地位を固め、ヘイデンにマシンを託した。

 2003年に8耐に初参戦した際、ヘイデンは2周目の1コーナーでコース上のオイルに乗って転倒し、そのときはわずか数分でレースから去った。「今年のレースではその続きをしに来た」と話すヘイデンは、決勝前の土曜に35歳の誕生日を迎えた。

「誕生日にケーキで祝福してくれたのは嬉しかったけれども、本当に欲しいのはトロフィー。明日の決勝では、もっと多くの祝福をしてもらえるようにがんばりたい」と話したとおり、ヘイデンはヤマハ・ファクトリーを追って着々と周回を重ねた。ところが、その走行中にマシンに異常が発生。コースサイドにマシンを寄せて停め、ピットボックスへ戻ることを余儀なくされた。

 2番手走行中に発生した突然のトラブルを解決するべく、チームスタッフは全力で作業にかかったものの、修復は不可能との判断で、15時にリタイア届が提出された。

 ピットボックスでその作業を見守っていたヘイデンの表情からは、ぬぐいがたい悔しさがありありとうかがえた。2年連続のリタイアに見舞われたチーム監督の本田重樹の言葉にも、ふたたび抱えることになってしまった重い慚愧(ざんき)の念と、来年の雪辱に向けた決意がにじみ出ている。

「ライバル勢が強いことは明らかだったので、それを打ち負かすために、全員が一丸となってマシンをつくってきた。それに見合うべく、ライダーたちも全力でがんばって走ってくれた。2番手につけていればチャンスはあると思っていたが、ニッキーの走行中に残念なトラブルが発生してしまった。2年連続で失ってしまったタイトルを取り返すべく、来年に向けて今から準備を進める」

 鈴鹿8耐で27回の勝利を獲得してきたホンダ勢の、しかも、2013年と2014年に連覇を遂げたHARC-PRO.をもってしても、リベンジを果たすことは叶わなかった。そんな彼らの姿は、昨年と今年を連覇して無敵の最強時代を築きあげようとしているかに見えるヤマハ・ファクトリーもまた、その態勢はけっして盤石なものではありえない、ということの合わせ鏡であるかのようだ。

 表彰台の頂点に立つことができるのは、たったひとつのチームである以上、いつの時代も盛者必衰は世の理(ことわり)である。まさに常在戦場のレースという場に、安泰はありえない。来年の鈴鹿8時間耐久ロードレースでは、また新たなドラマが繰り広げられることだろう。

西村章●取材・文 text by Nishimura Akira