ついに報道の世界にもVR技術が

写真拡大

2016年はVR元年と言われ、IT業界だけでなく多くの方がVR技術に注目しています。特にエンタメ業界ではVRを使ったゲームやアトラクションが発表されるなど、大変賑わっています。また、報道の世界でもVRを使ってニュースを発信するといった試みが行われています。

■ VR技術を使って選挙を報道

NHKは7月31日にVR動画コンテンツ「2016参院選 360°現場報告」を開設。現在は7月中旬に行われた第24回参議院選挙の様子を360°の動画として公開しています。動画の内容は、首相が福島県の郡山駅に訪れた様子や野党・共闘の様子などを360°さまざまな角度から見られます。また、7月31日に行われた2016東京都知事選挙の動画コンテンツも用意しているとのことです。

■ VR動画でニュースを発信

NHKは選挙以外にも、NHKオンラインでVRコンテンツを発信する「NHK VR NEWS」を2016年2月に開設しました。360°カメラを使用して撮影した映像や静止画をVRコンテンツとして公開。熊本地震の現場や陸上・山本篤選手の走る様子、真田丸のセットなどを360°まるっと確認でき、今までとは違ったニュースを届けてくれます。

■ ニュースは体験する時代に

ニューヨークタイムズや英国衛星放送SkyなどもVR技術を使った報道に取り組んでいます。VRコンテンツは、テレビや新聞のニュースでは伝えきれない現場の実態を伝える手段となるでしょう。これからはただテレビを見てニュースを知るだけでなく、ニュースを体験するということが当たり前になるかもしれませんね。

(image by 2016参院選 360°現場報告)
(著:nanapiユーザー・のこりうどん 編集:nanapi編集部)