生理用品はどう使い分ける?
ナプキンとタンポンはどう使い分けるの? 自分に合ったナプキンはどう選ぶの? 布ナプキンは何がいいの? そんな生理用品にまつわる疑問にお答えします。

ナプキン選びは体感や快適性にこだわって

半数以上がタンポン派といわれる欧米と異なり、日本ではナプキン派が大半といわれています。ナプキンの悩みといえば「ズレ」「モレ」「ムレ」「アウターに響く」などですが、そのうち「ズレ」「モレ」「アウターに響く」については技術の進歩によって、大幅に改善。羽根つき、薄型は当たり前、さらに体感性にすぐれたものや、肌触りの良さなど快適性を追求したものが増えています。

「ムレ」によるかぶれが起きるのは、外陰部の角質層の厚みが体のほかの部分に比べてとても薄いため。かかとが100層あるのに対し、顔は約10層、外陰部は4〜5層しかありません。ムレ、かぶれの対策としては、こまめに取り替えることが重要ですが、ナプキンの素材によっても感じ方が変わってきます。

高分子吸収ポリマーが使われているものはかぶれやすいようなので、かぶれる人は避けたほうがよい場合もあります。肌の強さや経血の量、経血の出方などには個人差があるので、人から聞いた評価だけに頼らず、いろいろな製品を自分で試して選びましょう。

かぶれが気になる人に支持されているのが、布ナプキン。原料に化学製品が使われていないことや、布のやわらかい付け心地により、かぶれやかゆみの解消に効果が期待できます。ただし「ズレ」「モレ」「アウターに響く」といった問題はあること、また、きちんと交換したり洗濯しないと不衛生になることは知っておきましょう。

タンポンは長時間使用しないように注意

普段はナプキンでも入浴時や旅行中などはタンポンといった併用派の人もいることでしょう。タンポンはフィンガータイプとアプリケーター式があり、初めての人にはアプリケーター式が使いやすいのでおすすめです。

アウターにも響かず、慣れると生理中であることを忘れるほど快適といわれるタンポンですが、それだけに気を付けたいのが入れっぱなしにして忘れてしまうこと。タンポンを取り出し忘れたり、手指を清潔にしないで使用した場合には「TSS(トキシックショック症候群)」といわれる急性疾患になることもあります。TSSは黄色ブドウ球菌の毒素が原因で発症し、突然の高熱、発疹・発赤、倦怠感、嘔吐などの症状が出ます。8時間以上連続して使用しないように気を付け、タンポン使用中に上記のような症状があったらすぐに婦人科を受診しましょう。

■さらにくわしく!以下も参考に■
蒸れる季節のデリケートゾーンの悩み解決法
生理用ナプキンによる蒸れ、かぶれ、かゆみを防ぐには?
密着させず、風通しよく、清潔に。ひどいかゆみや痛み、分泌物の増加があったら早めに受診を

かぶれやかゆみの正体は接触性皮膚炎と雑菌の繁殖

暑い日が続きますね。ただでさえ蒸し暑いのに、月経期のデリケートゾーンは生理用ナプキン(以下ナプキン)によって密閉され、非常に蒸れやすい状態になります。
そのため、もともと角質層が薄く刺激に弱い、文字通りデリケートな外陰部の皮膚はふやけて傷つきやすくなり、かぶれやかゆみなどのトラブルが発生しやすくなります。ナプキンが触れる刺激で接触性皮膚炎をおこしたり、常に湿った状態で不潔になりやすいため雑菌が繁殖したりするのです。
多くの女性がナプキンやおりものシートによるデリケートゾーンの蒸れやかぶれ、かゆみに悩んでいるようですが、他の人に相談しにくい場所だけに、がまんして症状が進んでしまったり、市販のぬり薬でかえって悪化させてしまうケースもみられます。