【12星座の長所&短所】獅子座は面倒見がいいが、プライドが高いのがたまにキズ

写真拡大

――星座がわかれば、その人の性格や恋愛傾向を知ることができます。もちろん、いい面も、悪い面も……。12星座ごとに、それぞれの長所と短所を紹介しましょう。

【12星座の長所&短所】バックナンバーはこちら

<第5回 獅子座>

■獅子座の基本性格
 陽気で明るい獅子座。いつも希望に満ちあふれていて、太陽のようにまぶしい笑顔で人を魅了します。また、頼りがいがあり、場を仕切る能力に長けているので、大勢の人をまとめるリーダー的な役割を担うことが多いでしょう。常に人の輪の中心にいる獅子座。多くの人から慕われ、尊敬される人気者です。

■獅子座の長所……面倒見がいい
 アネゴ肌で人の面倒をよく見るため、困っている人や落ち込んでいる人を見たら、放ってはおけません。悩みを聞き出し積極的に相談にのります。仕事がうまくいかないと聞けば、一緒に打開策を考え、片想いの相手がいると打ち明けられれば、縁結び役を買ってでるでしょう。持ち味である明るさを活かし、周囲の人を力強い言葉で励まして、元気にさせます。おかげでみんな前向きさを取り戻し、獅子座に深く感謝するのです。

■獅子座の短所……プライドが高い
 常に人の輪の中心にいて注目されているせいか、獅子座にはプライドが高い一面があります。自分が絶対正しいと思い込んでいるため、他の人の考えをなかなか受け入れられません。何か失敗をしたり、間違ったりしたときでも、それを素直に認めて頭を下げることができないのです。高すぎるプライドゆえの頑固さや強情さをあらためられば、もっと器の大きい人になれるでしょう。

■そんな獅子座が人と上手に付き合うには?
 獅子座は、その明るさゆえ、一緒にいると楽しい気分にさせてくれる人。しかし、人間関係では自分が主導権を握りたがり、ついほかの人の意見をないがしろにすることも多いです。そんな風では、強引な人、わがままな人というレッテルを貼られてしまいます。こうすると決める前に、周囲の人の意見を聞いてみるようにしましょう。そして、柔軟に人の意見を取り入れることです。それさえ心がければ、もっと多くの人に好かれ、友達の輪もどんどん広がっていくはずです。

 獅子座は、火の星座(火のエレメント)というカテゴリーに属しているため、燃え盛る火のような情熱を内に秘めています。火のように熱い生き方をして、自分だけでなく周囲の人たちの心も赤々と照らし続けていきましょう。
(紅たき)