写真提供:マイナビニュース

写真拡大

RIZAPはこのほど、公式MOOK本『一冊まるごとライザップ』(1,000円・税別)を経営塾から発売した。

同書は、RIZAPが5万人以上のゲストの結果にコミットできた「33のカラクリ」や、同社代表取締役社長の瀬戸健氏の思い、ゲストのリアルな体験記などを掲載。同書を読めば、"結果にコミット"できる理由が明らかになるという。RIZAPのメソッドだけではなく、病気予防が期待できる理由や、実際に通う医師が医学的に見たRIZAPへの評価も公開している。

さらに、同書には『スクラップ・アンド・ビルド』で芥川賞を受賞した作家・羽田圭介氏も登場。不規則な生活の中で長時間のデスクワークをこなす羽田氏が、RIZAPメソッドに挑戦する様子を掲載した。羽田氏は多忙なスケジュールの合間を縫って取り組み、2カ月間でウエスト-10cmを達成したという。同書では、羽田氏の引き締まった体も掲載している。

(フォルサ)