井上真央(左)と鈴木亮平(右)

写真拡大

1987年に初刊が発行されて以来29年のロングセラーを誇り、シリーズ累計発行部数100万部を超える同名児童文学をアニメ映画化した『ルドルフとイッパイアッテナ』。この作品で声優をつとめる井上真央と鈴木亮平が、市ヶ谷にある市谷亀岡八幡宮にて大ヒット祈願と特製招き猫の奉納に臨んだ。

『ルドルフとイッパイアッテナ』井上真央と鈴木亮平がヒット祈願のその他の写真

本作は、ひょんなことから飼い主のもとを離れ、思いがけず東京にやって来てしまった小さな黒猫ルドルフが、街を牛耳るボス猫のイッパイアッテナと出会い、ノラ猫としてともに生き、成長する姿を描いた友情と冒険の物語。井上がルドルフ役、鈴木がイッパイアッテナ役の声を演じている。

市谷亀岡八幡宮は、江戸城を築城したことでも有名な室町時代の武将・太田道灌が、鎌倉にある鶴岡八幡宮の分霊を祀るために建立した神社。昔、道灌が戦に敗れ、逃げ落ちた際に、道に迷ってしまい絶体絶命の危機を迎えたが、突如現れた一匹の黒猫に導かれ、九死に一生を得たという逸話から、ペット祈願の名所としても名が知られている同八幡宮が、大ヒット祈願の場所に選ばれた。

爽やかな青空が広がる中、大ヒット祈願が厳かに執り行われ、井上、鈴木の両名が神主からのお祓いを受け、映画の大ヒットを祈念し、特製ルドルフ招き猫とイッパイアッテナ招き猫の2体を神社に奉納した

このヒット祈願に井上は「これまでに大ヒット祈願のようなイベントをした経験がなかったので今日はとても新鮮な気持ちで臨めました。今回はスタッフ・キャストがこの映画にかける熱い思いを代表して、しっかりとお祈りさせていただきました。多くの人に映画を見ていただけると嬉しいです」とコメント。

鈴木は「祈祷をしている間も、神社の軒下に本当にルドルフとイッパイアッテナがいて一緒に祈ってくれてるんじゃないかという気持ちになりました。今日奉納した招き猫が、この映画を見た人にたくさんの幸せと感動を招いてくれたらいいなと思います」と話している。

『ルドルフとイッパイアッテナ』は8月6日より3D、2Dにて全国公開となる。

【関連記事】
『ルドルフとイッパイアッテナ』はどうなる? 2016年・夏映画のヒット予測! アニメ・実写の大本命はあの作品!!
[動画]中島美嘉の歌に井上真央が大粒の涙!『八日目の蝉』舞台挨拶
無口な岡田将生とおしゃべりな細田よしひこ。井上真央が好きなのは?
[動画]鈴木亮平「言いたのは1つ。世界よこんな映画が作れるなら作ってみろ!」