渋谷スクランブル交差点

写真拡大

 渋谷のスクランブル交差点でバク転をしている人を見かけたら、その勇気(?)から元気をお裾分けしてもらえるかも? ライフチアーズ(東京)の代表を務める谷啓嗣(たに・けいじ)さんは、運動の力で日本や世界に元気を与えよう〜、と2015年から「世界バク転プロジェクト」を実施している。これまで鎌倉の大仏や渋谷のスクランブル交差点、新宿歌舞伎町など、日本を代表するスポットをバク転で巡り、台湾・上海・オーストラリア・シンガポールやマレーシアなどでも、その華麗なバク転を披露してきたという。谷さんのポリシーは、周りの人に迷惑をかけないことと、独自のルールのもとで行うこと。

 同プロジェクトを通して、健康であることの価値を多くの人に伝えたいという谷さん。1人1人の健康や運動に対する意識を変えるには、多くの時間がかかりそうだが、目の前でバク転をしている人に“出会えたら”、元気をもらえそうな気はするね!