8月1日、フジテレビ系連続ドラマ『好きな人がいること』の第4話が放送されました。

第4話では今クールドラマ初の試みとして、「緊急決定! 野村周平、浜野謙太、マイアミD、男だけの真夏の激アツ副音声!」と題した、キャストである野村さんらのオーディオコメンタリーが実施され、視聴者はドラマとしての鑑賞ならびに副音声による解説つきの放送と、1話で2度楽しんだことがSNSなどで明らかになりました。

実果子 と 冬真 #好きな人がいること #月9 #スキコト #桐谷美玲 #山粼賢人 #三浦翔平 #野村周平 #大原櫻子 #浜野謙太 #佐野ひなこ #吉田鋼太郎 #飯豊まりえ #藤田ニコル #武田玲奈 #井上苑子 #菜々緒

UNOFFICIAL『好きな人がいること』さん(@sukinahitogairukoto)が投稿した写真 - 2016 8月 1 5:33午前 PDT

 

第4話では、主人公・美咲(桐谷美玲さん)が想いを寄せる千秋(三浦翔平さん)と、その兄弟である夏向(山崎賢人さん)や冬真(野村周平さん)らが皆でBBQに行くところがメインで放送。

楽しいウキウキBBQのはずだったが、突如、千秋の元彼女・高月楓(菜々緒さん)が登場することで暗雲が立ち込めます。

放送序盤から桐谷さんや佐野ひなこさんが映し出されると、全員で「かわいい」「あ〜かわいい」と連発する野村さんたち。

とどめに菜々緒さんが登場するやいなや、「悪い女感いいよなぁ」と騒ぎ出し、「いま、世の中の男子は(菜々緒さんに)踏まれたいと思ってるよ」(おそらく野村さんの発言)とワチャワチャと大騒ぎ!

さらには「この中で誰が好きですか?」など、いかにも男の子らしい美女トークを繰り広げ、放送を盛り上げます。

一方で、三浦さんが登場するシーンになると「翔平さんの笑顔の破壊力すごいね」とそのイケメンぶりをたたえ、兄弟役の野村さんは、「翔平さんと兄弟だけど、似てるとこねぇ(笑)、あるとしたら髪の毛のツヤ」と笑いを誘っていました。

また、演者による音声解説ならではの醍醐味が感じられる部分も。例えば、皆で集まっているシーンなどでは、「このシーンめちゃNGだしたね」などの振り返りもありながら、浜野さんが「俺のセリフカットされたああああ」と叫んだり、野村さんも「俺んとこだけカットされてる」など悲痛が轟き、普段完成された作品のみを見ている視聴者からしてみると、明かされない実態が非常に興味深いものと映りました。

あまりに盛り上がった副音声ゆえに、本人たちも「副音声超邪魔っすよね、(ストーリーが)入ってこない」と自らを突っ込んでいたものの、「楽しかった」「またやって!」「周平くんサイコー」などSNSでの評判は上々。第5話以降もぜひ期待したいですね。

【関連記事】

※ 話題の月9、昨夜のハイライトは三浦翔平?「まじカッコいい♡」「笑顔良い」

※ 渡辺直美と腰振りバトル!夏休みは「直美ワールド」にどっぷりハマってみる?

※ イケメン俳優・間宮祥太朗が恋する女子を応援♡今ドキ女子会に潜入レポ

※ 新垣結以、3年半ぶりにTBS連続ドラマ主演決定!ワケありの新妻を演じる

※ 男性が「恋の始まり」を感じる瞬間4つ【「せいせいするほど、愛してる」から学ぶ恋の掟】