パスタ、丼もの、ラーメンに…プラス一品追加する“食べ合わせダイエット”

写真拡大

「キレイの先生」編集部の山田です。

 最近、お昼に外食で食べたものを思い出してみました。

 パスタ、ラーメン、丼ものも食べました。そういえば、うどんを食べたときは、おにぎりも一緒に頼みました。

 ダイエット指導の先生に取材したときに思い出してみたのですが、見事にダイエットとは程遠い食生活ですね‥‥。

 その取材で先生からアドバイスをいただいたのですが、その内容には驚きました。「食べる量をへらしましょう」ではないんです。むしろ、「増やしましょう」ということでした。

 ダイエットでも大切なのは、実は“食べ合わせ”です。栄養をバランス良く摂れていると、身体の燃焼も良くなります。私はダイエットというと、食事制限を思い浮かべます。ただ、食事制限は栄養不足の原因になり、身体に良いとはいえません。

 そこで普段の食事で不足しているものを加えることで、食べ合わせが良くなり、それがダイエットにもつながるといいます。

 普段の食事で食べ合わせを良くするには、定食をイメージすると良いそうです。

 定食は、お米・メイン・副菜・汁物がありますよね。パスタは、サラダとスープを一緒に注文する。丼ものは、おかず一品とお味噌汁を一緒に注文する。

 これだけでも食べ合わせは良くなるそうです。

 ダイエットで食事制限するのも良いですが、毎回の食事を「定食」でイメージして、足りていないものを加えてみてはいかがでしょうか?

キレイの先生 http://kireinosensei.com/