1日、前回までとは比較にならないほど規模が拡大したSNH48の第3回選抜総選挙だが、その収益は1億元(約15億円)以上と報道されている。写真は第3回総選挙の結果発表コンサート。

写真拡大

2016年8月1日、前回までとは比較にならないほど規模が拡大したSNH48の第3回選抜総選挙だが、その収益は1億元(約15億円)以上と報道されている。和訊網が伝えた。

【その他の写真】

SNH48の第3回総選挙は7月30日、上海市で結果発表コンサートが開催され、「4000年に1人の美女」と話題になった「キクちゃん」ことジュー・ジンイー(鞠[女青]「示韋」)が初の1位に。23万752票を獲得している。さらに、「日本系美少女」と人気のリー・イートン(李藝[丹彡])が2位、ダークホース的存在のホアン・ティンティン(黄[女亭] [女亭])が3位に選ばれた。

第2回総選挙では、今回不参加のチャオ・ジャーミン(趙嘉敏)が約7万5000票を獲得して1位になったが、今回のジュー・ジンイーと比べると規模は3分の1程度。ジュー・ジンイーの得票数は、AKB48が今年開催した第8回選抜総選挙で、1位の指原莉乃が獲得した24万3011票とほぼ横並びに。前回までとは比べものにならないほど、選挙への注目度と人気が高まったことを示している。

第3回総選挙では、東方衛視や広東衛視といった大手テレビ局、ユーチューブや騰訊視頻など代表的な動画配信サイトも、開票イベントを一斉に生放送。韓国の人気男性歌手PSY(サイ)や、台湾の人気アーティストのデビッド・タオ(陶[吉吉])といった大物たちもゲスト出演した。

第3回総選挙では、1枚78元のCDに同封されている投票券1枚が最も基本的な参加方法に。また、中国版LINEでも0.1枚につき5元(約77円)という方式による投票が開催された。前回選挙では収益が約4000万元(約6億2000万円)とされたが、今回1億元(約15億円)超えは間違いなしとみられている。(翻訳・編集/Mathilda)