画像

写真拡大 (全2枚)

 フジテレビがSVOD市場に参入する。同社は総合エンターテイメントサービス「FOD」のアプリをアップデートし、定額課金での動画配信に対応を開始した。

 フジテレビは、総合エンターテイメントサービスFOD(フジテレビオンデマンド)(以下、FOD)にて、SVOD(Subscription Video on Demand:定額制動画配信)の新サービス「FODプレミアム」を8月1日にリリースした。これに伴い「FOD」アプリのアップデートも行った。

  FODは、動画やライブ映像、電子書籍からなる総合エンターテイメントサービス。今回提供開始する新サービスでは、過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ番組、アニメなどが月額888円(税抜)で見放題になる。くわえて、洋画や邦画、海外ドラマなどのフジテレビ制作でない映像の視聴、また、雑誌の読み放題サービスの利用も可能になっている。

MarkeZine編集部[著]