ただ走るだけの電車のおもちゃをスマホで自在に動かせる

写真拡大

パソコンパーツおよびスマートフォン(スマホ)アクセサリーなどを扱うリンクスインターナショナル(東京都千代田区)は、ノバルス製の乾電池型IoT(モノのインターネット)「MaBeee(マビー)」を、2016年8月4日に「ビックカメラ」「TSUKUMO」で発売する。

玩具や自分でつくった工作、電動歯ブラシなど、乾電池で動作する製品をスマホでコントロール可能にする。市販の単4形電池を装着し、単3形電池を入れる要領でセットしてiOS/AndroidスマホアプリとBluetoothでワイヤレス接続。アプリを通じて乾電池の出力をコントロールし、スマホを振ったり傾けたり、声の大きさに反応させたりして操作する。最大10台の「MaBeee」との接続に対応し、複数機器の同時操作もできる。

通常はスイッチを入れると走り続けるだけの電車の玩具を、スタート/ストップの動作、速く走らせる、徐行運転しつつ駅で止める、などの動作が可能になる。そのほか、ぬいぐるみや工作ロボットを動かす、タイマー機能で歯ブラシの時間を知らせるなどが可能だ。

価格は4980円(税別)。