書類の上手な整理&収納術♪バインダーやファイルの活用で簡単すっきり!

写真拡大

子どもが学校から持ち帰るプリント類や、住んでいる地域からのお知らせ、気になる料理のレシピメモなどなど…。どんどん増える書類は、片づけなきゃとは思っていても、ついつい後回しにしてしまいがちですよね。つい置きっぱなしにしてしまって見た目もゴチャゴチャ…なんてことになっていませんか? でも、バインダーやファイルなどを使えば、簡単に、すっきりと探しやすく、しかも見栄えよく、収納できちゃいます。収納上手さんたちのテクをご紹介します!



元の記事を見る

バインダー使いで目につく場所にセッティング!

■ 忘れ物なし!大人も子供も使いやすい、大判コルクボードにひとまとめの収納術

大判のコルクボードにバインダーを貼り付けてプリントの掲示場所に。今月の予定やゴミ出しの曜日など、ちょくちょく確認したいプリントがすぐに見られてとっても便利。バインダーで挟むだけなので、プリントを入れ替えるのもラクラクです。どんなサイズの紙でも対応できるよう、大きめのバインダーを選ぶとベター。

■ 3人姉妹のプリント整理♪ 仲良く横並びのレイアウトも◎!

子どもの人数分のバインダーを用意して壁掛け。これなら、それぞれのプリントが混在したり、行方不明になるのを防げます。子どもたちが持ち帰ったプリントを自分で挟めるし、確認しやすいのもいいですね! 

■ 100均書類グッズをおしゃれに見せて便利に使う! 我が家の書類整理管理法

繰り返し確認したい書類といえども、そのまま貼ると生活感が出すぎてイヤ…という人におすすめがこの方法。キッチンの壁にセリアのレバーファイル(バインダー)を貼り付けてプリントを挟んで収納しています。確認しやすく、目隠しもできるのが◎。シンプルなファイルに自分でデコするのも楽しい♪

■ これで忘れない!簡単書類整理法

バインダーとボックス、クリップを使って、曜日別に必要な書類がひと目でわかるように管理した賢いテク。締め切り忘れがグンと減ること間違いなしです。こちらのアイデアでは曜日によって色分けしていますが、自分なりにアレンジしてもOK! 

大量の書類を収納したいなら、ファイルボックスが便利

■ 簡単・とりあえずで快適な書類整理

使用頻度が低いものと高いものとでしっかり分けるのは面倒と感じる方もいるかもしれませんが、頻度が低いからこそ、一度きちんと収納してしまえば後々までとっても楽ちん。家電が壊れない限り使うことのない取り扱い説明書などは、この機会に一か所にまとめちゃうのも手。

■ 方向を変えるだけ!思い込みを外してファイルケースの使い勝手を良くする♪

使用頻度が高い書類の収納は、取り出しやすく、戻しやすいのが一番。そこで、こちらのアイデアのようにファイルボックスの向きを変えるのもGOOD! さらにファイルボックスの中でホルダーで分けて収納すると、もっと探しやすくなりますね。

■ 100均シートでBlack&Whiteにリメイク♪

100均や文房具屋さんで収納グッズを買おうと思うと、カラフルな色のものから柄物まで種類がたくさんで、ついどれにするか迷ってしまいますよね。スッキリと見せたいなら、やはりモノトーンなどのシンプルな色で揃えるのがおすすめ。ファイルボックスをスッキリカラーで統一したいなら、こちらのリメイク術をぜひ。

■ 100均で☆子供の大量プリントの収納場所

子ども別、用途別にファイルケースを分けて、どんどん入れていくだけの楽ちん管理術。きちんとファイリングするのは苦手という人も、この方法なら続けられそうです。ファイルは同じ大きさで揃え、まとめるボックスもシンプルなものを選ぶと、出しておいてもスッキリ見えます♪

お部屋をスッキリ見せたい人向けの「見せない収納術」

■ 学校からのプリントもスマート収納

リビングの収納棚の内側にバインダーをかけて、そこにプリントを挟んで管理。収納棚の扉を閉めれば、バインダーも見えないので、スッキリしたリビングを保てます。期限が過ぎたプリントは、すぐに処分するのも見やすさキープのコツですよ。

■ 「見せる」「隠す」&100均でプリントをコンパクトに!

頻繁に確認したいプリントは、ママが確認しやすいよう冷蔵庫に貼って管理。読み返さないけれど保管する必要があるプリントはイケアのボックスにまとめて収納。見せるものと隠すもので、それぞれ場所を分けるのもいいアイデアですね。冷蔵庫に貼ったプリントは、上にファブリックを重ねて目隠しすれば、チラ見えしてもおしゃれですよ♪

■ ママ友に高評価!おしゃれな学校プリント収納『窓』!

おしゃれなインテリアにもなる窓型の収納をDIY。ガバッと開けば収納力バツグン、窓を閉めればあっという間に目隠しができる、アイデア収納です。材料は100均で揃うものばかりなので、思い切ってチャレンジしてみては?

細部まできちんと整理できるアイテム選びが重要

■ 100均文具を使って、整理しやすいファイリング法

通常のファイルを使った整理の難点は、後々、順番を入れ替えるのが非常に手間だということ。そこで、おすすめなのが、リングファイルで整理する方法。ページの間に追加するのも、削除するのも簡単なので、今までおっくうだった書類整理がぐ〜んと楽になります。

■ 書類整理には、無印良品のリフィールが便利!

一口に書類といっても、大きさも形もバラバラなもの。それを全部同じ大きさのファイルに仕分けしていこうと思うと、見た目にも美しくなく、整理する気が失せますよね? こちらは無印良品のA4リフィールを使用して、さまざまな大きさも書類を上手に仕分け。子どもの作品などを保管しておくのにぴったりのアイデアですね。

■ 無印良品だけでできる!確定申告のための領収書整理

請求書やレシートは、最終的にどのくらいの量貯まるかがわからないので、“容量”を調整できるファイリング方法がベスト。さらに、月ごとにしっかり仕分けできれば、どんなことに散財しているかも一目瞭然になるので、節約にもつながりそうですね。

収納しながら断捨離上手を目指そう!

■ 思い出の紙モノは期限付ボックスに!

この収納に使うボックスは、決して数を増やさず、「満杯になったら何かを処分する」というルールを順守することが重要ですね。「今回だけはどうしてもこれ以上捨てられない…」という場合は仕方ないですが、スマートな生活を目指すなら、時には自分に厳しくあることも必要なのかも。

自分たち家族にもっとも合った収納方法は、子どもの年齢などによっても異なってくるものなので、その都度、工夫しながら収納することが一番。みんなのアイデアを参考にしながら、今、必要な収納方法をぜひマスターしてみては?

まとめ/松本玲子