trend_20160729120708.jpg

写真拡大

玩具メーカーのZing(東京都台東区)がカレーそっくりのスライムをカプセルトイで発売した。これまで手に取って遊ぶことが多かったスライムを、"食品サンプルの一部にする"という斬新な試みだ。

「とろ〜り!カレースライム」は、お皿&ライス、具のミニチュアとスライムがセットになっている。ルーにあたるスライムがレトルトカレーのパウチーを模した袋に入っているのがニクい。ラインアップは中辛、辛口、甘口、グリーン、欧風の5種類。

遊び方は簡単で、お皿のミニチュアにスライムを注ぎ、付属している具を載せるだけ。スライムは本物のルーさながらに"とろとろ"と柔らかく、皿にそそいだ瞬間超リアルなカレーのミニチュアが完成する。

スライム自体はお皿に乗り切らないほどたっぷり入っているので、もちろん飾るだけでなく手に取って遊んでも良し。Zingはこれまで肉まんや豆腐、パンなど食品サンプルのカプセルトイシリーズを数多く出している。今回カレーを選んだのは、食品サンプルシリーズの人気が高く、スライムで細かな色を再現しやすかったからだという。