後ろ手2輪、手押し4輪は分かるけど「ナナメ引き」ってなに?

写真拡大

混雑した駅などでキャリーケースを押して歩くのは気を遣うもの。そこでオススメしたいのが「プロテカ フリーウォーカー」(6万1560円〜)。周囲にも自分にもやさしい〈ナナメ引き〉ができるスーツケースだ。

フォルムにこだわりキズつきも防止!

「プロテカ フリーウォーカー」は、「使う人にも優しく軽快に走行でき、なおかつ安全なスーツケース」というコンセプトに徹底的にこだわった製品だ。

20160801_proteca01

使用する環境にあわせて3通りの引き方ができるのがポイント。従来のスーツケースの2通り(4輪走行と後ろ手でひく2輪走行)のひき方に加え、体により密着させた状態で引くことができるナナメ引き(2輪タテ走行)を可能にしている。

20160801_proteca03

ハンドルは、ななめ引きする際にも手に馴染みやすい設計。グリップ性の高い特殊な構造で、ストレスなくスーツケースを引くことができる。

20160801_proteca05

手元のスイッチで、キャスターのストッパーをかけられる構造になっており、エスカレーターでの落下を防止するほか、電車などの公共交通機関で動いて迷惑をかけることもない。

20160801_proteca04

底部に重心を持たせることで安定性を高めた台形フォルムも特徴だ。ふらつきを軽減させる為に、キャスターの取り付け位置を最大限まで外側に配置している。また、キャスターのコーナー部には傾斜をつけ、路面とスーツケースの接触も防いでいる。

20160801_proteca02

サイズは31L、53L、64Lの3タイプ。カラーは「リーフメタリック」、「ロイヤルブルー」、「パールホワイト」、「ブロンズオレンジ」、「ブライトレッド」の5種類に加え、8月上旬から数量限定カラー「ヘリンボーングレー」が仲間入り。これを機に購入を考えてみては?

プロテカ >> http://www.proteca.jp/

(文/&GP編集部)