恐竜を絶滅させたのは「隕石だけ」じゃなかった:研究結果

写真拡大

恐竜は隕石の衝突「だけ」が原因で絶滅したわけではなかった。6,600年万前の海の温度を調べた研究により、火山噴火と隕石衝突のダブルパンチが恐竜を絶滅させたことが明らかになった。

「恐竜を絶滅させたのは「隕石だけ」じゃなかった:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

6,600万年前の古代の海洋温度を調べた研究により、地球史上最大の大量絶滅が、火山噴火と小惑星衝突の組み合わせによって起きたという説を裏付ける証拠が得られた。

研究者たちは、以前から報告されていた、白亜紀の終わりごろに見られる2つの絶滅のピークと一致する2つの急激な海洋温度の上昇を発見。1つ目はインドで起きた大きな火山噴火によって起こり、2つ目はメキシコ・ユカタン半島への小惑星の衝突が原因だ。これが最終的に多くの恐竜種の絶滅につながった。

2つの出来事のあとに温暖化が起きたことは、貝の化石の化学組成を調べることで明らかになった。1つ目の温暖化は、インドのデカントラップ火山地域から放出された大量の二酸化炭素によるものだろう。その15万年後に起きた2つ目の気温上昇は、ユカタンのチクシュルーブインパクトのころに起きている。

白亜紀の終わりから古第3紀初期の350万年間の気温を調べるために、研究者は南極・セイモア島で収集した、良好に保存された貝の同位体組成を分析した。わずかに質量の異なる同位体の比率を調べることで、当時の海水の温度を知ることができるのだ。この同位体分析によって、その期間に2回の急激な温度上昇があったことがわかったという。

RELATED

「今回の新しい測定結果は、火山活動と隕石の衝突が、絶滅と直接関係していたことを示しています。そしてその2つは気候変動にもつながっています」と、ミシガン大学地球環境科学部のポスドク研究員シエラ・ピーターセンは語る。

6,600万年前に起きた、地上の動植物の約4分の3と非鳥類型恐竜を一掃した大量絶滅の原因は、何十年も議論されている。多くの科学者は小惑星の衝突によって絶滅が起きたと考えているが、一部の科学者は火山活動が原因だった可能性を疑っている。そしてその2つの両方が原因だと考える者もいる。近年は、デカントラップ火山活動のあとに隕石衝突が起きたことが絶滅の原因だという説を支持する声が増えている。

「今回の結果は、この説を強く支えるものです」とピーターセンは言う。「火山活動による温暖化によって生態系へのストレスが増し、隕石が衝突したときに生態系が崩壊しやすくなったと考えられます」

研究結果は『Nature Communications』で発表された。