31日、韓国の成人男性の半数超に「浮気の経験がある」との調査結果が出た。写真は韓国のカップル。

写真拡大

2016年7月31日、韓国・中央日報などによると、韓国の成人男性の半数超に「浮気の経験がある」との調査結果が出た。

韓国の外資系生命保険会社・ライナ生命とカン・ドンウ性医学研究所はこのほど、1090人の成人男女を対象に性に関するアンケート調査を行い、29日結果を公表した。それによると成人男性のうち50.8%が「浮気の経験がある」と回答、女性は9.3%だった。また、50代以上で「浮気の経験がある」とした人に浮気相手の人数を聞いたところ、男性の平均は12.5人、女性の平均は4.3人だった。

年代別に男性の浮気経験率をみると、30代で42.3%、40代48.4%、50代52.5%、60代以上56.7%と、40代での比率上昇が大きいことが分かる。カン博士はこれについて「更年期の男性は、心理的には空虚感を覚え、身体的には萎縮現象を経験する。そのため浮気をしなくなるというより、まるでどこかにあるかもしれない幻を探すように、配偶者ではない他の女性との性交渉に重きを置くようになる例が多い」とし、男性更年期の対処の重要性を指摘した。

韓国のネットユーザーはこの報道に次のようなコメントを寄せている。

「年を取るほどに、韓国の男がどれだけイマイチか日々感じながら生きている」
「韓国の男は未熟な人間が多い。母親たちよ、他人に勝つことだけでなく、思い遣りや感謝を教えてあげるべき」
「金がなくてつらいと言いながら、浮気するお金はあるみたいね」
「姦通(かんつう)罪を廃止し、浮気をあおってしまった国」

「浮気に買春も含まれてるみたいだね。だから男は50%超」
「いや、男は商売の女性と一晩寝るくらい浮気と思ってない。それも浮気に入れたら100%になるはず」
「ずいぶん低い割合だ。少なくとも7割は超えると思うけど?」
「こういうニュースを見ると、独り暮らしも悪くないと思う」

「男性嫌悪が生まれる理由はちゃんとある。こういう男には体を売る女性を批判する資格すらない」
「だから韓国人男性と結婚したら駄目なんだ」
「韓国人男性の半数だけが正直者ということ」
「浮気を当然のことと考える文化がもう根付いてしまっている」(翻訳・編集/吉金)