写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Google Chromeブラウザ(以下、Chrome)には、普段あまり目にすることがない隠し機能があります。今回紹介するミニゲームもそのうちのひとつです。「インターネットが遅い!」と感じるようなときに、ぜひ試してみましょう。少しだけ心に余裕が生まれるかもしれません。

○「インターネット接続がありません」に隠されたゲーム

インターネットへの接続が切れたり、スマホのテザリングや無線LANの電波状況が悪いときにChromeを操作していると、「インターネット接続がありません」、「このウェブページにアクセスできません」といったエラー画面が表示されます。目的のWebページが表示されなくて、落胆することもあるでしょう。ですが、実はこのなんでもないエラー画面に、Chromeの隠し機能が用意されています。

メッセージの上にティラノサウルスらしき恐竜のキャラクターが描かれています。これがゲームになっているのです。インターネットが回復するまで、ゲームをプレイして待つというのはいかがでしょう。

先へ進めば進むほど、画面のスクロールが高速になったり、背景の色が暗く変化したりして、障害物をタイミングよくかわすのが難しくなっていきます。

エラー画面を故意に出したいときは、ネットワークへの接続を切るとよいでしょう。パソコン側でWi-Fiをオフにしたり、有線LANケーブルを抜いたりすれば、ネットワークは簡単に切断できます。

Android版のChromeにも同じミニゲームが隠されています。画面の恐竜をタップするとゲームが開始します。電波状況がなかなかよくならないときの、いい時間潰しになります。スマートフォンでエラー画面を表示させたいときは、機内モードを利用するのが簡単です。なお、残念ながらiOS版のChromeでは、ゲームをプレイできません。

(田中拓也)