iPhoneユーザー必見!1万800円のLightning直結イヤホン

写真拡大

iPhone用の新型イヤホンが誕生しました。イヤホン端子ではなくLightning端子へ直結させるという、新タイプです。

端子をLightningにしたのは、やはりアレが理由なんです。

注目すべきは端子だけじゃない! なんとリモコンにはDACを内蔵

中国のイヤホンブランド「Maipou(マイポウ)」が、Lightning直結イヤホン「son1600」を発表しました。

20160801_maipou01

このイヤホンが、いわゆる通常のイヤホン端子を使わない理由。それは、これからのiPhoneでは「アナログイヤホン端子がなくなる」という噂(予想?)に対応したものだからなのです。これまでのイヤホンは使えなくなるかも…。

20160801_maipou03

「son1600」では、リモコン部にDAC(デジタル・アナログ・コンバーター)を内蔵し、フラットタイプのケーブルには音の転送ロスを減らす6N OFC(無酸素銅)を採用しています。そして、9mm径ダイナミック型ドライバーをアルミ合金製のハウジングに収めるなど、高い音質にも注力したイヤホンです。

20160801_maipou04

DACの電源はLightningだからiPhoneから供給。音量調整や再生/停止・曲送り/曲戻しボタンを装備したリモコン搭載しています。

20160801_maipou02

Apple社からMFIライセンス認定を取得済みというのも、安心な製品です。そして価格は、イヤホン専門店「e☆イヤホン」店頭で1万800円(税込)とコストパフォーマンスは抜群(Webでは1万2000円)。次世代コネクタを採用した高品質イヤホンとしては、お買い得な値段だといえるでしょう。

カラーは、ブラックとローズゴールドの2色用意されています。

e☆イヤホン >> http://www.e-earphone.jp/

(文/&GP編集部)