子どもの視力を守るには…

写真拡大

近年子供の視力低下が叫ばれています。目は一生使う大切なものです。できれば、しっかりと見えていてほしいというのが親の願いでもあります。子供の視力低下にはどのようなものがあるのか、紹介します。

■ 学校近視

近視というのは、近くのものは見えるのに、遠くのものは見えない目の状態をいいます。近視になる原因は、遺伝によるものと環境によるものに分かれます。特に近視が強い場合には、遺伝によるものであることが多いです。逆に弱い近視の場合には、環境によるものだと考える場合が多いです。近視になる子供は、多くの場合、小学校高学年になる頃から症状が現れます。そして、中学、高校と成長するにつれ、増加していきます。このような学校に通っている成長段階にある子供の近視を学校近視といいます。

学校近視になっていると判断された場合には、眼鏡が必要であるか、そうでないのかが重要なポイントになってきます。眼鏡が必要だと医師に言われた場合には、きちんと度の合った眼鏡を用意するようにしましょう。眼鏡が必要ない場合には、点眼を使用し、近視が進行しないように治療をしていきます。

■ 仮性近視

私たちの目は、近くのものを長い時間見続けることによって、目がピントを合わせようと筋肉を緊張状態にしてしまうことがあります。この筋肉の緊張状態が長い時間続くことによって筋肉が凝ってしまいます。ずっと肩を張っていると肩こりになるのと同じです。目の筋肉が凝ってしまうと、遠くを見たときにぼやけて見えることがあります。このような状態を仮性近視といいます。

仮性近視の原因としては、スマートフォンやテレビゲーム、パソコンなどの画面を長時間見続けることによって起こります。このような仮性近視になってしまった場合には、点眼治療によって、近視の進行をやわらげる治療が行われます。この点眼は、夜寝る前に行います。ピントを合わせるために緊張し続けている筋肉の、緊張を和らげるための目薬です。しかし、効果がない場合もあり、残念ながら近視になってしまう子供もいます。

■ 近視の予防

近視を予防するために気をつけなくてはならないことがあります。まずは、正しい姿勢を身につけるようにしましょう。机で勉強を行うときも、机からあごが30センチ離れるように背筋を伸ばすようにします。机に向かう時間は1時間を限度とし、それ以上向かう場合には10分以上の休憩をはさむようにします。

本を読んだりゲームをするときには、必ず部屋を明るくしましょう。暗いところでこのような行為を行うと、ピントを合わせる筋肉はさらに緊張状態になってしまいます。注意してください。スマートフォンをつついたり、テレビゲームを長時間するのは避けましょう。1日の中で時間を決めて上手に使うようにしましょう。

子供たちの中で大人気であるテレビゲームを長時間続けると、瞬きの回数が減り、近視になりやすくなります。さらに、手に持つタイプの携帯ゲーム機は、画面も小さいためにより近視になりやすいです。ゲームの時間は1日1時間以内にし、30分以上は続けてしないことをオススメします。

■ おわりに

目は、一生付き合っていく大切なものです。お母さんが子供の体、目を大切にすることによって、子供たちも体は大切なもの、目は大切なものなのだと学んでいきます。テレビゲームも大切ですが、外で元気に遊ぶ機会をぜひ作ってあげましょう。

(image by amanaimages)
(著:nanapiユーザー・いかくん 編集:nanapi編集部)