Doctors Me(ドクターズミー)- 朝のコーヒータイムがトイレタイムになってしまう...コーヒーとお腹の関係。

写真拡大

コーヒーを飲むとお腹をくだしてしまう体質の方けっこういらっしゃるかと思います。
せっかくの嗜好品なのに、飲むたび体調を崩してしまうのは不本意ですよね。

そこで今回は「コーヒーとお腹の関係」について医師に聞いてみました。

コーヒーを飲むと下痢を引き起こしてしまう場合があるのはなぜですか。

コーヒーを飲むと、体質によって下痢を引き起こしてしまう場合、いくつか原因が考えられます。

原因1
コーヒーに含まれるカフェインによって、自律神経のうち交感神経が活性することで、自律神経のバランスが乱れてしまい、下痢をひき起こす場合があります。
特に生活リズムが乱れていたり、悩み事があったりしてただでさえ自律神経のバランスが乱れがちな時は、不快な下痢が起こりやすくなります。

また、カフェインだけでなくコーヒーに含まれるタンニンという物質も、胃腸を荒らし下痢を招くことがあります。

原因2
コーヒーもほかの食品と同様、アレルギーの原因となることがあります。この場合も皮膚症状や嘔吐、下痢などが出る場合があります。

原因3
過敏性腸症候群がある方にとっても、コーヒーは下痢をひき起こす刺激になることがあります

原因4
コーヒー豆が酸化していたりミルクや砂糖など、コーヒー本体ではなく添加されているものによって下痢が起こっている場合もあります。

どういう体質の人が下痢をしやすいのですか。

もともと体調不良があったり、過敏性腸症候群をお持ちの方はコーヒーで下痢を起こす可能性がやや高いといえます。

あとはコーヒーに対するアレルギーをお持ちの方はもちろんですね。

コーヒーを飲む前後で何か対策によって下痢を軽減することはできますか。

コーヒーを入れたら酸化しないうちにできるだけ早く飲む、量を飲みすぎないようにしましょう。

また、カフェインやタンニンが抽出されすぎないように、お湯の温度を80度以下に下げて淹れるようにすることも軽減できる方法の1つです。

コーヒーを飲む際に食べると下痢をしやすくなる食べ物はありますか。

コーヒーを飲む際にこれを食べると下痢をしやすくなる、ということは特にありません。

空腹時は避け、何か食べてからあるいは何か食べながらゆっくり飲むようにすると胃への刺激も抑えられていいですね。

治療で、コーヒーを飲む際に起きる下痢を改善することはできますか。

なぜ下痢をしているのかにもよりますが、原因がカフェインやタンニン、コーヒーの酸化によるものである場合、とくに医学的にそれが起きないようにするというのは難しいです。

必要に応じて、下痢が起こったときの対症療法をおこなうということになると思います。

医師からのアドバイス

コーヒーは日常生活に欠かせない嗜好品という方も多いでしょうが、コーヒーによる下痢は悩んでしまいますね。

カフェインが原因かなと思う方はカフェインレスのコーヒーを試してみる、ミルクや砂糖が原因と思われる方はそれらを除いて試してみましょう。

自分なりに原因を絞り込んで、少しでも下痢が起きにくくなるようにしたいものですね。

(監修:Doctors Me 医師)