1.犬が苦手なワンコにもおかまいなく自分の愛犬を近づけてくる

これは、我が家の愛犬が他の犬が苦手なのでよくあるシチュエーションなのですが、あきらかに他の犬が苦手で嫌がっているのに、「うちの子はどの子にも興味があるんですよ〜」としつこくニオイをかがせたり追いかけまわしたりさせる飼い主がいます。

確かに自分の子は沢山のワンコと遊ぶのが好きだからコミニュケーションを取らせたいという気持ちはわかりますが、嫌がっているのは見てわかるので状況を察知してほしいですね。

感じの良い飼い主さんは、1度そのような事があって気づくと、「ゴメンナサイね。」と次に会った時は少し離れたところから挨拶してくれます。そうした臨機応変な対応が必要だと思います。

2.他の犬にすぐにおやつをあげたがる飼い主

これはどんなおやつかを飼い主に伝えて、了承を得てからあげる分には問題ないのですが、中にはアレルギー持ちの子やダイエット中でおやつの制限をしている子、結石などで魚系のおやつがダメな子など、それぞれの事情があるのでやみくもにあげてはいけないですね。

そして、1度人からおやつをもらうと愛犬は覚えていて、次に会った時に「またくれるかな?」と期待してしまうんですね。こちらも物欲しげにしてしまうので恥ずかしいし、出来ればおやつのやり取り無しに散歩でお会いしたいですね。

3.とにかく他の犬に吠えまくる子を飼っている

これはしつけの時点で問題があると思いますが、吠えた後の態度で飼い主の資質が問われます。実際に我が家の愛犬を散歩中に体験したのですが、うちの犬はゴールデンレトリバーで相手の犬はウェルシュコーギーで、すれ違う際に気が狂ったように吠えまくられました。きっと大きい子に何かトラウマでもあるかのような凄さでした。

ただ、飼い主はゴメンナサイの一言もなく、リードを引っ張りその子の顔を抱えるだけなんです。それが1度ではなく、何度も同じような事があり、さすがに遠くに姿が見えるとうちの方から別の道へ避難してしまいます。我が家の愛犬は特に気にしていないようですが、とても気持ちがよくない出来事でした。

4.公園などの公共の場所でのルールを守らない飼い主

まずは、公園で経験した事例です。その公園では、頻繁に放送で「犬を連れている際は、必ずリードに繋いで放さないようにしてください。」と流れてきます。

しかし、中にはルールを守らない飼い主さんがいて、放送が流れていてもおかまいなしに放してボール遊びをさせているんです。ある時は、他の犬を追いかけまわしていたり、本当に迷惑な行為が目につきました。また、別の事例では、愛犬をブラッシングしているのですが、取った毛を持ち帰らないでそのまま公園に放置しているんです。もちろん風に乗ってあちこちにその毛が舞ってしまい、公園が汚されてしまいました。
どちらも、他の利用者の事は全く考えていない行為ですよね。

そして、私はわんわんパトロールというボランティアで街の清掃(ゴミ拾い)をしていますが、タバコや家庭ごみ以外に本当に多いのが犬のフンの落し物です。

これは、犬を飼うにあたって絶対に守らなければいけない約束事で、一人がそれを守らないことによって、他の犬連れが皆そういう目で見られてしまうんですよね。散歩バッグには必ずウンチパックを多めに入れて、出来ればオシッコにかける用の水も持参するのが望ましいと思います。

さいごに

以上、自分が実際に体験した数々の迷惑行為をもとに「嫌われる飼い主」について挙げましたが、一人一人が自分がされて嫌な事はせずにモラルを持って暮らしていけば、本当に気持ち良く毎日生活できるのではないかと思います。