「なかなか面白くてためになるな」などと読み進めた記事が実は「記事広告」だったなどという経験がある方、少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。繁盛戦略コンサルタントの佐藤きよあきさんによると、この地方紙やミニコミ紙などでよく見かける記事広告こそが、個人商店や小さな企業の信頼度を高めるための重要かつ確実なツールなのだそうです。佐藤さんが配信する無料メルマガ『繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座』では、そんな記事広告の効果と掲載方法が記されています。

地元・地方紙に、「記事広告」を出せ!

記事広告をご存知でしょうか。新聞・雑誌の編集記事のような文面・体裁で掲載されている広告のことです。

一見、普通の記事に見えるので、それと気づかずに読んでいる人も多くいます。「広告」という表示が端の方にありますが、記事だと思い込んでしまいます。

健康食品やダイエット関連の商品を販売する会社が、よく利用しています。つまり、それほど広告効果があるということです。

この広告で、新たな集客を試みてはどうでしょう。

とは言っても、個人商店が一般紙・雑誌に広告を打つことは、費用面からも不可能です。そこで、地元の地方紙・ミニコミ紙を活用します。

日頃から馴染んでいる地方紙なら、どういう記事が多く出ているかもよく知っているはずなので、どんな記事にすればよいのかはわかるはずです。文章が書けないというのなら、その新聞社・雑誌社に書いてもらえばよいのです。

地方の読者は純粋なので、広告であっても、「新聞に載っていた」と思ってくれます。小さな新聞でも、そこに掲載されていることは、すごいことなのです。

お店への「信頼」が生まれるのです。「有名なお店だ」と言ってもらえるようになります。

これが、「記事広告」の優れた効用なのです。

image by: Shutterstock

出典元:まぐまぐニュース!