1日、ベトナム中部のダナンにあるレストランがこのほど、中国人観光客のマナー違反によって営業を妨害されたとして「中国人客お断り」の張り紙を掲げた。これに対し、地元当局が張り紙の撤去を要求したと報じられ、ネット上で物議を醸している。写真はダナン。

写真拡大

2016年8月1日、ベトナム中部のダナンにあるレストランがこのほど、中国人観光客のマナー違反によって営業を妨害されたとして「中国人客お断り」の張り紙を掲げた。これに対し、地元当局が張り紙の撤去を要求したと報じられ、ネット上で物議を醸している。環球網が伝えた。

シンガポール華字紙・聯合早報によると、ダナン市のレストラン「Ngoc Quy」はこのほど、中国語とベトナム語で「中国人には売らない」と記した張り紙を掲示した。店長によると、2週間ほど前に来店した中国人のグループが、食事を済ませた後に一部の料理について「注文しなかった」などと言い張り、支払いを拒むなどしたという。

こうした騒動を受け、地元当局は「観光に悪影響が出る」として店側に張り紙を撤去するよう求めた。ネット上では、店側を支持する意見のほか、「張り紙はやり過ぎだ」とする批判的な声もみられ、賛否両論となっている。(翻訳・編集/柳川)