ミクシィのXFLAG(エックスフラッグ)スタジオは、『モンスターストライク』(通称モンスト)テーマ曲の吹奏楽向けバンドスコア「モンスターストライクメインテーマ応援歌ver.」の提供を開始。それに伴い、8月に開幕する全国高校野球選手権を前に、10代〜50代男女計500名を対象に「高校野球の応援歌に関する意識調査」を実施した。

高校野球の応援歌に関する意識調査

■高校野球の応援歌の定番曲は、1位「宇宙戦艦ヤマト」2位「タッチ」とアニメの主題歌が上位にランクイン

「高校野球の応援歌として定番だと思う曲はどれですか?」という質問をしたところ、「宇宙戦艦ヤマト(1位:46.4%)」「タッチ(2位:41.8%)」とアニメ主題歌に人気が集まった。さらに、「ルパン三世のテーマ(32.4%)」が4位に入るなど、これらのアニメ楽曲は幼少期から接触回数が多く、子どもでも覚えやすい曲調で耳に残りやすいことが上位ランクインの要因だと思われる。

高校野球の応援歌に関する意識調査

「高校野球の定番の応援歌といえば、どのジャンルの曲だと思いますか?」という質問をしたところ、 「アニメの主題歌(41.8%)」と答えたユーザーが全体の4割を占めた。次いで、「80年代〜90年代のJ-POP(22.6%)」「2000年代以降のJ-POP(21.2%)」と、タッチポイントが多いほど、応援歌として人気が高くなる傾向があるということが分かった。

「高校野球の定番の応援歌として、そのジャンルの曲だと思った理由は?」という質問をしたところ、「覚えやすい(1位:43.6%)」「盛り上がる(2位:41%)」「闘志が湧く(3位:34%)」と人気の応援歌の人気な理由が明らかになった。実際に「宇宙戦艦ヤマト」「タッチ」「ルパン三世」など、「覚えやすい」、「盛り上がる」、「闘志が湧く」要素を含んだ、“対戦シーン”を想起させる曲が選ばれる傾向にあった。

高校野球の応援歌に関する意識調査

■自分が高校球児として打席に立つとしたら演奏して欲しい応援歌は高校野球の定番曲を選択する傾向がある

「自分が高校球児として打席に立つとしたら、その際に演奏してほしい曲」の全体の上位は「タッチ(1位:21.6%)」「宇宙戦艦ヤマト(2位:19.8%)」「狙いうち(3位:18%)」と高校野球の定番曲と同じラインナップとなったが、「定番だと思う曲」のランキングよりもばらつきが見られ、個々人の好みが反映された結果になっている。

「自分が高校球児として打席に立つとしたら、その際に演奏してほしいジャンル」では、「アニメの主題歌(1位:46.2%)」「日本アーティストの曲(2位:39.0%)」「ゲームのテーマ曲(3位:22.4%)」というランキングになった。特に、10代では、3人に1人が「ゲームのテーマ曲」を選択する結果となった。今後、選手の意見がより反映されるようになると、定番のジャンルである「アニメの主題歌」「日本のアーティストの曲(J-POP)」に加えて、「ゲームのテーマ曲」を耳にする機会が増える可能性が考えられる結果となった。

高校野球の応援歌に関する意識調査

高校野球の応援歌に関する意識調査

■世相を反映した流行りの曲が高校野球の応援歌になることについて、86%の人が前向き

世相を反映した(流行っている)曲が応援歌になることについて「非常に好ましい」または「好ましい」と回答した人は、全体の86%にのぼり、流行曲を応援歌にすることに多数の人が前向きであることが見て取れた。

理由としては、「流行の曲は盛り上がるから」「知名度が高いから」「高校生が好きな曲が多いから」と、個人の好きな曲を演奏して、選手たちの気持ちを盛り上げようという気持ちが見える結果となった。

高校野球の応援歌に関する意識調査

「高校野球の応援歌として、これから人気が高まりそうだと思う曲は?」と質問をしたところ、「定番だと思う曲」で上位の「アニメの主題歌」「日本アーティストの曲」を除くと「アイドルグループの曲(2位:32.6%)」「ゲームのテーマ曲(4位:27.6%)」が上位にランクインした。「アイドルグループの曲」は“覚えやすく”、“盛り上がる”、ゲームの曲は“闘志が湧く”と、「応援歌の定番ジャンル」を選ぶ理由と重なっている。定番曲に加えて、今後応援歌の新たなジャンルへの可能性が伺える結果となった。

高校野球の応援歌に関する意識調査

【調査概要】
調査期間:2016年6月22日(水)〜24日(金) 3日間
調査方法:インターネット調査
調査対象:10代〜50代男女 計500名(均等割付)
調査会社:ミクシィ

文/編集部