デートで、家族で、女子同士で……グルメライターお薦め!都内のビアガーデン4選

写真拡大

猛暑が予想される夏が刻々と本格的になってきた。暑い、暑い、暑い……とにかく暑かった日の夕暮れから楽しみたいのがビアホール&ビアガーデンだ。「教えて!goo」にも「【都内】おすすめビアガーデン」のように投稿がたくさん寄せられている。「期間限定でさまざまなイベントをやっているお店がありますよ」と話すのは江藤詩文さん。朝日新聞デジタルで「世界美食紀行」を連載中で、都内のグルメ情報にも詳しい。お薦めのお店を順不同で4つ紹介してもらった。

■流行りのIPAビールも 女性同士で会社帰りに

江藤さんが「女性同士で会社帰りに美味しいここでしか飲めないビールと上質なおつまみを楽しみたいときに使っていただくのがよいのでは」と話すのはパーク ハイアット 東京の「パーク ブリュワリー」だ。

「サービスが良くておしゃれで居心地がよい。オリジナルのIPA(インディア・ペールエール)ビールを出すなど世界のトレンドも取り込んでおり、これで3,500円は格安でしょう」と大絶賛している。

【パーク ブリュワリー】
場所:東京都新宿区西新宿3-7-1-2 パーク ハイアット 東京1階「デリカテッセン」
期間:2016年7月15日〜9月19日
時間:平日=午後5〜8時、土日祝=午後3〜8時(最終入店は午後7時)
料金:3,500円(税込)

■肉食女子の贅沢なひととき

江藤さんが「ビアガーデンというと女性に敬遠されがちな揚げ物メニューなどチープな料理を連想しますが、ここはグルメな女性も納得の上質な肉を提供しています」と話すのはヒルトン東京の「天空のビアガーデン 肉テラス」だ。

全国有名店の肉料理を多数揃えている。「VIPラウンジ(最大6人で1組20,000円、別途サービス料)ではヘネシーXOを入れたマスクメロンのサービスがあります。高級ホテルならではの贅沢な気分を味わってみては」との提案も。

【天空のビアガーデン 肉テラス】
場所:東京都新宿区西新宿6-6-2 ヒルトン東京7F ルーフトップテラス
期間:2016年6月9日〜9月30日(雨天中止)
時間:午後3〜10時半の2時間制(最終入店は午後9時半)
料金:3,500円(税別)

■ファミリーでレジャーも兼ねて

江藤さんが「子供も大丈夫。レジャーも夜景も楽しめます」と話すのは標高500mに位置する高尾山ビアマウント。高尾山がミシュランガイドで3つ星になり、海外から来た友人を案内する機会が多いそうだ。

世界美食紀行の筆者として「料理はいまひとつ」と厳しい意見を述べるが、もちろん標準を超えるレベルである。写真のように世界各国のメニューを揃えるなど、ガッツリいきたい食べ盛りの子供や男性も大満足だ。「郊外から見る都心部の夜景が素晴らしい」と江藤さんはロケーションを評価し、外国人が多いので海外旅行の気分が味わえます」とユニークな感想も述べた。

【高尾山ビアマウント】
場所:東京都八王子市高尾町2205(京王高尾山口駅から徒歩5分)
期間:2016年6月15日〜10月15日
時間:飲み放題・食べ放題の2時間制、平日=午後3〜9時(8/12、15、16は午後1〜9時)、土日=午後1〜9時、祝=午後2時半〜9時
料金:男性(高校生以上)3,500円、女性(高校生以上)3,300円、中学生2,500円、小学生1,500円、未就学児(3歳以上〜)500円

■おしゃれ女子が思い切り飲みたいときに

江藤さんが「おしゃれ女子が思い切り飲みたくなったときに使ってほしい」と話すのがグランド ハイアット 東京の「オークドア ビアガーデン2016」。ステーキハウス「オークドア」のテラス席限定で開催され、キューバン&カリビアンフードとドリンクが好きなだけ楽しめる。

「ほかと比べて少し高いが、料理のレベルが高い」とし「プレミアムプランにすれば、バーテンダーが作る特別カクテルも飲み放題です」と女性らしい視点も。

【オークドア ビアガーデン2016】
場所:東京都港区六本木6-10-3 六本木ヒルズ グランド ハイアット 東京 6F ステーキハウス 「オーク ドア」
期間:2016年6月1日〜9月30日
開始時間:午後6時、午後6時15分、午後6時半、午後8時半、午後8時45分
料金:ビアガーデンプラン6,800円(税・サービス料別)、プレミアムプラン7,900円(同)

さて、今夜はどこに行こうかな。乾杯!

●専門家プロフィール:江藤詩文
トラベルジャーナリスト、フードジャーナリスト、コラムニスト。朝日新聞デジタルで旅コラム「世界美食紀行」を連載中。鉄道紀行家としても活動。

(武藤章宏)

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)