27日、歌手生活30年目を迎えた香港出身のエミール・チョウがこのほど出演した番組で自身の音楽人生を振り返った。写真はエミール・チョウ。

写真拡大

2016年7月27日、騰訊娯楽によると、歌手生活30年目を迎えた香港出身のエミール・チョウ(周華健)がこのほど出演した番組で自身の音楽人生を振り返った。数々のヒットを飛ばしてきた大物だが、一時うつ病を患っていたという。

【その他の写真】

過去に日本の楽曲をカバーし、ファンを熱狂させたこともあるが、レコード市場の衰退や若手の台頭を目の当りにして心のバランスを崩した。外出もできないほどの沈みようで、「飛行機に乗った時にハイジャックの考えが頭をよぎった」とも。ただ、現在はその状態から抜け出し、「自分そして周囲の人をいかにして愛するかを学んだ」と語った。(翻訳・編集/野谷)