台北公演のため来台した柚希礼音=2012年

写真拡大

(台北 1日 中央社)元宝塚歌劇団男役トップスターの柚希礼音が7月31日、台北市内でファンイベントを開催した。会場には700人以上が殺到。投げキッスや台湾語の楽曲披露などで、ファンを喜ばせた。

柚希の訪台は2013年以来3年ぶり。柚希は中国語であいさつをしたほか、台湾語で「多謝」(ありがとう)と話すなど、フレンドリーな一面を見せた。

柚希は前日の30日に台湾に到着。その後、マンゴーかき氷や麻辣鍋、ルーローファン(魯肉飯)などの名物グルメを味わったという。司会者から太るのが心配ではないのか聞かれると、柚希は、太ったらまた運動すればいいとスタイル維持の秘訣を明かした。

さらに、台湾のマッサージを絶賛する柚希。「昨日も行ったがきょうもまた行きたい」と話した。

イベント終了間際、会場のファンから起きたアンコールに応え、柚希は台湾語の歌謡曲「望春風」をアカペラで披露。再び台湾に来ることを約束した。

(呉協昌、鍾東穎/編集:名切千絵)