ロボットたちがEV電池をつくる、ネヴァダの砂漠の「ギガファクトリー」

写真拡大

2014年からテスラが建設を行う、米ネヴァダ州の「ギガファクトリー」の現在の様子を動画で紹介。イーロン・マスクはロボットを使って自社の電気自動車の電池を大規模に製造し、EVをさらに普及させ、テスラを発電・蓄電・輸送のすべてを手がける「エネルギー企業」に近づけようとしている。

「ロボットたちがEV電池をつくる、ネヴァダの砂漠の「ギガファクトリー」」の写真・リンク付きの記事はこちら

ネヴァダ州スパークスから約32km東の高地にある赤砂の砂漠に、ある工場が出現しようとしている。現在は、むきだしの鋼桁が並ぶなかに建築物がいくつか完成しているだけで、たいした工場には見えない。だが、「ギガファクトリー」と呼ばれるこの工場は、交通手段をつくり替えようとするイーロン・マスクの壮大な計画のカギとなる。

テスラ・モーターズはこのギガファクトリーで、自社の電気自動車(EV)に搭載する電池を生産する予定だ。同社は長年、アジアから電池を輸入してきた(テスラは2007年からパナソニックと提携してきた)が、マスクCEOが掲げた「年間50万台のEV生産」という目標を達成しようとすれば、この工場でその電池を生産しなければならない。同社は2020年には、2013年に世界で生産されたよりも多くの電池を使用する見込みで、自社の需要を満たせる方法はほかにないという。

「この工場は、マシーンを製造するマシーンです」。マスクは、7月29日(米国時間)に行われたギガファクトリーの開設記念イヴェントを前に、新しい工場のロビーに座りながらこう語った。

美しきロボット工場

ギガファクトリーの建屋面積は、完成すれば55.5万平方メートルになる。ソーラーパネルで屋根がキラキラと輝く宝石のような建物になる予定で、マスクは美しい工場になると約束している。

建設が始まったのは2014年6月。来年にはEV車用電池の生産が開始されるとマスクは言う。まだ工場の14パーセントしか完成していないことを考えると楽観的な考えのようにも思えるが、この締め切りに間に合わせようと約1,000人が週に7日働いている。

建設作業は、テスラの従業員たちが家庭用バッテリーユニット「Powerwall(日本語版記事)」と産業用の「Powerpack」を製造する横で進められている。ギガファクトリーでは、車載用大型バッテリーパックに使用する電池セルなどの製造が行われることになっている。

光沢のある灰色の床と、赤色の縁取りがある白色の壁に囲まれた工場では、作業の多くをロボットが行うことになる予定だ。ギガファクトリーはかなり自動化されるが、もちろんすべてを機械で行うことはできない。生産が本格化したら約6,500人を雇用する予定だという。

RELATED

垂直統合されたエネルギー企業へ

ギガファクトリーは、是が非でも完成させなければならない。テスラは2018年に「Model 3」セダンの生産を開始する計画で、同年中に50万台を製造したいと考えている。それを実現できるかどうかは、テスラがコストを削減する一方で、電池生産を劇的に増やせるかどうかにかかっているからだ。

リチウムイオン電池の需要は、世界全体で高まるとみられている。電動工具や携帯電話などあらゆるものに使用されているこの電池は、現状でも供給が限られているうえ、自動車メーカー各社がハイブリッド車とEV車の生産台数を増やしているからだ。

パナソニックなどのパートナーとの合弁事業であるギガファクトリーは、電池を生産するのに必要なすべてを、ひとつの巨大な屋根の下に備えている。もちろん、リチウムのような原材料については、テスラが鉱山から直接リチウムを入手するわけではなく鉄道で輸送されるが、そのサプライチェーンは工場から遠く離れていない。「輸送されてくるのは、かなり基本的なレヴェルの材料だけです」とマスクは言う。

SLIDE SHOW 02-aerial-view-july-2016-northeast-1024x767

2/32016年7月の建設状況。
IMAGE COURTESY OF TESLA

03-gigafactory-tesla-660x6421

3/3敷地全体図。電力はソーラーと風力でまかなう計画だ。画像は日本語版過去記事より。
IMAGE COURTESY OF TESLA

Prev Next

単3電池より少し大きい円筒形の電池セルの製造から、Model S、巨大なバッテリーパックの組み立てまで、すべてのことが組み立てラインで行われる計画だ。テスラは価格を公表していないが、すべて社内で行えば、バッテリーの価格を30パーセント下げられるという。

製造を全面的な管理下に置けば、テスラはバッテリーの新技術をより早く導入することもできるだろう。供給業者がセルを開発するのを待つ必要がなくなり、製造をいち早く開始することができるからだ。

マスクが「マスタープラン:パート2」と呼ぶ計画には、そうしたことが不可欠なのだろう。これは、EVと、EVを動かすバッテリー、その電力を生み出すソーラーパネルを製造する垂直統合された企業をつくる(日本語版記事)という彼の計画だ。マスクはさらに、トラックやバス、18輪トラックなどもEVにしたいと考えている。

マスクによると、欧州、中国、インドなどの地域にギガファクトリーを建設するのは「100パーセントありえること」だという。このネヴァダ州でテスラは、ギガファクトリーの隣接地1,864エーカー(754万平方メートル)を購入済みだ。これだけの広さがあれば、ギガファクトリーの規模を倍にする余地は十分にある。