厚生労働省は2016年7月27日、2015年の日本人の平均寿命は男性80.79歳、女性87.05歳だと発表した。男女ともに過去最高を更新した。2015年の人口動態統計(概数)をもとに作成した「簡易生命表」の中で示した。

これまでの平均寿命の最高は、男性80.50歳、女性86.83歳で、いずれも2014年のデータだった。

世界50か国の中では、男性は香港の81.24歳、アイスランドとスイスの81.0歳に次いで4番目。女性は香港の87.32歳に次ぐ2番目の長寿だった。