6人に1人の子どもが貧困の日本、なぜ「子どもの豊かさランキング」で世界3位に?

写真拡大

先日、子ども支援の国際NGOセーブ・ザ・チルドレンにより、「G20子どもの豊かさランキング」が発表されました。

子どもが“高学歴・高所得”になる、親の特徴が判明! あなたはどのタイプ?

同ランキングでは、G20参加の19ヶ国の子どもの豊かさを、8つの分野ごとに比較して総合的に評価。
今回の発表では、所得、雇用、ジェンダーの平等の分野で最高得点だったドイツが前回同様に1位を獲得。2位にはフランスが、そして、3位には日本がランクインしました。

子どもの貧困、問題山積みの日本がなぜ?

「子どもの豊かさで日本が3位」

G20の他の高所得国と日本を比べると、子どもの死亡率や肥満率、若者の失業率、そして人口10万人あたりの殺人発生件数や交通事故死者数が低くなっており、保健分野で1位、雇用分野で2位、安全分野で3位という結果に。

生活のしやすさという点での豊かさを感じていることがわかります。

しかし、この結果に驚きを感じる人もいるのではないでしょうか。

というのも、日本の状況と言えば、6人に一人の子どもが相対的貧困の状態にあると報じられたり、また、ひとり親世帯の子どもの貧困率は、先進国で最悪の水準となっています。

国内に目を向けると問題は山積。一見よく見える数字の裏側には、課題があるものです。

裕福な家庭の子ほど不安、鬱に

今回のランキングでは、GDPが高いにも関わらず、豊かさで中位〜下位となった国があります。

GDPの高いアメリカやサウジアラビアは、それぞれ9位と15位に低迷。所得の高さが子どもの豊かさにつながっていないことが、ランキングにより明らかになっています。

アリゾナ州大学心理学教授のスンニャ・ルサー博士は、裕福な家庭の子どもと自殺に関して研究を行っています。

博士の調査結果によると、平均世帯収入が20万ドル以上の家庭の高校生の方が、不安や鬱を訴えることが多いことが判明。その数は、全国の平均よりも2、3倍も高い確率とのこと。

その理由として2つの要因があると分析。

1つ目は、富裕層の親からのプレッシャーが強く、いろいろなことで成功しなければならないと感じていること。
そして、もう1つは、富裕層の子どもの方が親との距離を感じているのです。

所得の高さという数字からは読み取りにくい、子どもの幸せがあるのです。

貧しい子、成績が悪い子にも、意外な才能「キフテッド」

見た目では判明しにくいという点では、「ギフテッド」という言葉をご存知でしょうか。

ギフテッドとは、「先天的に、平均値よりも、顕著に高度な知的能力を持っている人のこと。
または、先天的に、平均値よりも、顕著に高度な知的能力を指す。ギフテッドにおける高度な知的能力の傾向は、誕生時点から、生涯にかけて見られる。ギフテッドは、外部に対する世間的な成功を収めることではなく、内在的な学習の素質、生まれつきの学習能力を持つことを指す。」(ウィキペディアより)


こういった才能を持つギフテッドチルドレンは、社会経済的な背景に関係なく、どんな階層・地域にも存在。アメリカでは約6%〜10の子どもがこれに該当するとされています。

最近、話題となったのが、カナダに住む15歳の少年が、マヤ文明の古代都市を自ら発見したといったもの。

少年はマヤの古代都市が星座の位置に基づくと考え、検証を行い、新たな古代都市を発見しました。

これについては専門家からの異論もあり、正式なものとされていませんが、10代の少年がしっかりとした考えを持ち、検証し、発見したことに驚いた方も多いはず。

日本でも、カナダ政府の認定を受けた14歳の少年・大川翔君が、カナダの大学に全額奨学金で入学したと2014年に話題となりました。

彼らに共通するのは、「ギフテッド」であること。アメリカではこのギフテッドの重要性に気付き、発見・発掘に注力しているようです。

「アメリカでは、ギフテッド・チルドレンの発掘と育成は、家庭の枠を超えて国家レベルでの責務とされ、数々のギフテッド教育のための団体や学校が存在」と、書籍『才能の見つけ方 天才の育て方』の著者・石角友愛さんが同書で紹介しています。


ギフテッドの発見で難しいのは、成績がオールAだからといって、それに該当するわけではないのです。

むしろ、「整理整頓能力がなかったり、モチベーションが高く持っていなかったり、恥ずかしがりやで引っ込み思案で目立たない子だったりする」と、全米転載児協会元理事長のトレーシー・クロス博士も分析しています。
何か特技があるけども、他のことはそれに追いついていないため、発見が難しいのです。

とはいえ、豊かさランキングの上位にいる国も下位にいる国も、関係なく存在するのがギフテッドなのです。

子ども豊かさの指標は、親にある

子どもの豊かさ・才能は、見た目や数字では決してはかることはできません。大切なのは親の直感力だったり、才能を信じる心。

成績など色んな数字で判断されやすい昨今ですが、数字ではわからない豊かさ・才能に目を向けてみてはいかがでしょう。あなたの側にも、ギフテッドが隠れているかもしれません。

一方で、ある程度の豊かさは高い教育を受ける機会にもなっていることが、国内の調査結果から明らかになっています。

東京大学が毎年発表している調査によると(「学生生活実態調査」2014年)、東大生55%の親の年収が950万円以上であることがわかっています。

また、文科省発表の文部科学白書によると、4年制大学進学率は、親の年収が1000万円以上の家庭の場合は60%を超えているのに対し、400万円以下の場合はそれが30%ほどに下がってしまうのです。

裕福な家庭だとしても、良い面や悪い面があることが浮き彫りになってきました。
このように子どもの豊かさとは、数字と直結しないこともあるので、一人の子どもに合った豊かさを親自身が気付いてあげることが必要なのではないでしょうか。