スパーズ、レスターに不信感を覚えるドリンクウォーター獲得に動く! 27億円のオファーを準備

写真拡大

▽トッテナムが、レスター・シティに所属するイングランド代表DFダニー・ドリンクウォーター(26)の獲得に動き始めたようだ。イギリス『サン』が報じている。

▽『サン』の伝えるところによれば、新シーズンのチャンピオンズリーグ参戦に向けて戦力拡張を図るトッテナムは、レスターとの契約延長交渉が停滞しているドリンクウォーター獲得に向けて、2000万ポンド(約27億円)のオファーを準備しているという。

▽同メディアによると、今夏の主力流出阻止を目指しているレスターは、イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ、アルジェリア代表MFリヤド・マフレズの2大エースの契約延長交渉を最優先とし、また先日にチェルシー移籍が決まったフランス代表MFエンゴロ・カンテの契約延長交渉を優先的に進めてきた。

▽この影響でデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルと、前述のドリンクウォーターの契約延長交渉は停滞しており、先月下旬になってようやく具体的な交渉が開始された。奇跡の優勝に大きく貢献しながらもクラブ側の不誠実な対応に心象を悪くしている2選手は、ここに来て他クラブへの移籍に心が傾いているとの噂も出てきている。

▽現在、週給8万ポンド(約1080万円)のオファーをレスターから掲示されているといわれるドリンクウォーターは、先週に今後の去就に関して以下のようなコメントをしている。

「(契約延長に関して)僕からクラブにプレッシャーをかけるつもりはないよ。僕にアプローチをするかは、彼ら次第だと思っている」

「クラブにコミットしたいと思っているけど、同時にフットボールをプレーしたいんだ。仮に、数週間以内に新契約にサインしないとしても、それは終わりを意味しているわけではない。僕らには2年の契約が残っているからね」

「僕はクラブの契約下にあるからこれ以上何も言うつもりはない。現時点で僕はレスターのプレーヤーだ。彼らがこの件をどのように扱うかは、彼ら次第だよ」

▽なお、今夏にケニア代表DFビクター・ワニアマを獲得しているトッテナムだが、ベルギー代表MFムサ・デンベレを2列目、イングランド代表DFエリック・ダイアーをセンターバックで起用するプランもあり、ここにポチェッティーノスタイルへの適性があるドリンクウォーターが加われば、大幅にチーム力が向上することになるはずだ。