夏に向けた「美脚メシ」を栄養士が本気でアドバイス!

写真拡大

露出が増える夏。足のむくみが気になる人も多いのでは?

むくみの原因のひとつには「塩分の過剰摂取」があります。ここでは、引き締まった美脚に近づくために取り入れたい3つの食材を、管理栄養士の目線で伝授しちゃいます。

01.
お酢の力を借りて
塩分カット

まずは、魚の煮物や炒め物、スープなどを作るときの塩を減らし、代わりに「お酢」を入れてみましょう。酸味によって、満足感も得られますよ。

02.
旨味成分の強い「干し椎茸」で
薄味でもおいしく

旨味成分が多い食材を使うことで、うまく塩分摂取を抑えることができます。とくに「干し椎茸」は、グアニル酸という旨味成分が含まれているので、煮物や中華料理の減塩をするときに使えます。

03.
アボカドのカリウムで
むくみ解消

余分な塩分を体外に排出する際に必要な栄養素が「カリウム」です。とくにアボカドには豊富に含まれているので、サラダなどで食べるのがオススメです。

むくみの原因は他にも様々ありますが、まずは日々の食事から見直してみてはいかがでしょうか。今回紹介したものは美容効果も高いとされているものなので、積極的に摂取して、健康的な美しさを手に入れましょう。