桐谷健太が人気CMの舞台裏を明かす 「浦ちゃん」の設定は自身の発案だった

写真拡大

7月31日放送の「おしゃれイズム」(日本テレビ系)で、桐谷健太が、自身の出演するauのCM「三太郎シリーズ」の裏話を語る場面があった。

番組では、桐谷をゲストに迎えてトークを展開した。オープニングトークでは司会のくりぃむしちゅー・上田晋也が、auのCM「三太郎シリーズ」の反響の大きさを聞かれた。そこで桐谷が自身が演じる「浦ちゃん」にまつわる裏話を明かしたのだ。

現在は広く認知されている同CM。しかし桐谷によると、自身が演じる「浦ちゃん」は、もともとは少し違ったキャラクターだった。「元々は浦島太郎と金太郎と桃太郎が、コンビニの前でたむろしている若者たち風にしゃべってくださいみたいな感じだった」というのだ。

桐谷は設定を確認した際、「それをやると別に誰がなにをやっても一緒」だと思ったとのこと。そこで「浦島太郎がめっちゃ愛すべきアホやったら面白いなと思った」のだそうだ。

そして桐谷は監督に「ちょっと1回アホっぽくやっていいですか?」と提案し、バカっぽく「でもどんぶらこでしょ?」と演じたところ、ばっちりハマったとのこと。監督から「それでお願いします」とGOサインをもらい、自らの手で今や人気キャラクターの性格を確立させていったとのことだ。

桐谷は以前から、思いついた演技のアイデアを試してみることがあるそう。実践したことによって監督に「それやりすぎです」と止められることもあるようだ。そうした場合はおとなしく従うというが、それでもそうした実践を続けるのは「やらずに家帰って『やっときゃよかった…』いう方が絶対嫌なんで」と自らの仕事観を明かしていた。



【関連記事】
木村拓哉がドライブ中に寝始めた桐谷健太に微笑む一幕
桑田佳祐のまさかの態度に桐谷健太がパニック「え? え? え?」
桐谷健太が過去にアドリブで「デブ」と呼んでしまった皆川猿時に謝罪