五輪出場問題に揺れる久保。ブラジルの地でその姿を見ることはできるのか。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大 (全3枚)

 所属クラブのバーゼルが派遣を拒否している久保裕也の五輪出場問題は、現地時間の8月1日に結論が出る見込みとなった。
 
 久保は7月26日に行なわれたチャンピオンズ・リーグ予備予選3回戦の第1戦、アウェーでのシャフタル・ドネツク戦後に手倉森ジャパンに合流する予定だった。しかし、この試合で同僚のスウェーデン人FWのアレクサンデル・ゲルントが左膝を負傷。怪我は重度の模様で、前線の駒不足を懸念したクラブは久保の五輪派遣を拒否する旨の声明を発表していた。
 
 27日朝には急遽、霜田正浩ナショナルチームダイレクター(ND)が、ブラジルからスイスに向かいクラブ側と交渉。霜田NDは29日にブラジルに戻り、条件次第ではあるが久保を招集できる可能が復活したことを説明した。
 
 ただ、31日時点でヤングボーイズ側から返答が届いておらず、8月1日に返答が届き次第検討し、何かしらの決断を下すという。
 
 久保が出場を断念する事態となると、バックアップメンバーのFW鈴木武蔵やMF野津田岳人の昇格、あるいはFIFAに提出した予備登録35人内の選手との入れ替えの可能性が浮上する。