Doctors Me(ドクターズミー)- 定年退職後の夫婦必見! セカンドライフを楽しく過ごすコツとは?

写真拡大

夫が長年勤めてきた仕事を退職するというのは、本人にとってはもちろん、家にいる妻にとっても、とても大きな人生の節目ですよね。退職後の慣れない生活スタイルに、お互い戸惑うことも多いようです。

そこで今回は、定年退職後の夫婦がセカンドライフを楽しむためのコツを医師に伺いました。

退職後の夫が陥りやすい悩みとは?

今まで仕事に割いてきた一日の大半が自由になる反面、特に仕事一筋でがんばってきた夫の場合は、以下のような悩みをもつことが多いようです。

・肩書や社会的な立場がなくなり、不安に感じる
・一日をどうやって過ごしたらいいか分からない

・自分の居場所であるはずの自宅も、妻や子はすでに自分なしで確立した生活パターンをもっていて気後れしてしまう
・家のことをしようと思っても、物の置き場所が分からず、活躍のチャンスがない
・近所付き合いや友達付き合いもご無沙汰で、気後れしてしまう

定年退職後の孤独感や気持ちのやり場のなさから気分が落ち込んだり、イライラしたりして家族と仲が悪くなったり、うつ状態になるケースもあります。

一方、妻の悩みもたくさん…?

一方、いままで日中は自分や子どものペースで過ごすことに慣れてきた妻のほうも、夫の退職後は、以下のようにやりにくさや不都合を感じるケースが多くなります。

・一人の時間がとりにくい
・何十年も日中は自分だけの生活だったのに、夫が家にいることで、場合によっては365日気を使わなければならない
・家に友達を呼びにくい
・夫に行き先をいちいち説明して家を出ないといけない

夫婦円満! 4つのコツ

お互いにできるだけ気分よく、退職後の生活を乗り切るためには、次のような方法を試してみるとよいでしょう。

1.二人が興味をもてる、共通の趣味を見つける
2.無理に二人でいようとせず、お互いのペースを尊重しあう

3.家の中のことは、現役時代とは比率を変えて、新たに役割分担をして行うようにする
4.現役時代の知識や人脈を生かしたアルバイトやボランティアなどを行う

医師からのコメント

二人がそろうことで、逆に楽しみが増えるという考え方もあります。カラオケやスポーツなど、仲間と一緒にできることを見つけるのも、一つの手かもしれませんね!

(監修:Doctors Me 医師)