■第63回:小兵力士

日頃から精力的に稽古をこなしている石浦(写真左)大関・稀勢の里の横綱昇進が注目された
名古屋場所(7月場所)。しかし、
惜しくもその夢は実現しなかった。
その一方で、十両の小兵力士たちが
土俵上で躍動し、ファンの喝采を浴びた。
横綱も彼らの奮闘ぶりには目を細めていた――。


 大相撲名古屋場所(7月場所)は、横綱・日馬富士の8度目の優勝で幕を閉じました。

 私はこの場所、通算1000勝と38回目の優勝を目指して臨みました。しかし後半戦に入ってからは、自分でも歯がゆい内容の相撲が続いて10勝5敗。不本意な成績に終わり、ふたつの目標を達成することはできませんでした。

 まさに夏真っ盛りの、高温多湿の気候の中で行なわれる名古屋場所は、1年で6度開催される本場所の中でも、体調を整えることが最も難しい場所だと言われています。そうした状況にあって、かつては1972年の高見山関(前・東関親方)や、1992年の水戸泉関(現・錦戸親方)などが平幕優勝を飾って、「荒れる〜」という形容詞が付くことがしばしばある場所です。

 今場所も、小結の高安、平幕の貴ノ若ら若手力士が大健闘。彼らが最後まで優勝争いに加わって、波乱ムードに包まれました。

 そんな中、最も注目されていたのは、大関・稀勢の里の横綱昇進なるか、でした。

 春場所(3月場所)、夏場所(5月場所)と連続13勝を挙げた稀勢の里は、まさに綱取りにリーチをかけていて、初優勝を果たせば「即横綱昇進」と言われていました。13日目の日馬富士戦で3敗目を喫したものの、優勝の目は最後の最後まで残されて、誰もがその行方を注目していました。が、惜しくも優勝を逃して、横綱昇進は先送り。本人はもとより、ファンの方たちも相当悔しい思いをしたことでしょう。

 さて、この場所の前半戦で土俵を盛り上げたのは、十両の小兵力士たちでした。先場所、新十両で大活躍した宇良(西8枚目)をはじめ、私と同じ宮城野部屋の石浦(東5枚目)、35歳のベテラン里山関(西4枚目)、十両復帰を果たした琴恵光(東14枚目)といった面々です。

 とりわけ際立っていたのは、低い重心からさまざまな技を駆使して11勝を挙げた宇良です。まさしく"目が離せない"相撲を披露してファンの喝采を浴びる姿は、過去に小兵力士として土俵を沸かせた舞の海関(現・解説者)を彷彿とさせるものがありました。

 舞の海関と言えば、実は以前、私が目標としていた力士でもありました。体がまだ細かった10代の頃、私は舞の海関の取組のビデオを見て、その取り口をずっと研究していたんです。体が大きくなるとともに、私の相撲の取り口は変わっていったのですが、運動神経の塊のような力士だと思って、本当に憧れていました。

 身長173cm、体重127kgの宇良は、その舞の海関よりも多少体格は勝っています。それでも力士の中では小柄なほうで、そのハンデを克服するために、毎日よく考え抜いた相撲を取っています。

 手前味噌ではありますが、宇良同様、うちの石浦もよくがんばっています。身長173cm、体重110kgと、なかなか体が太らないようですが、ウエイトトレーニングをずっと継続し、その鍛えた体で大いに暴れまくっています。

 宇良も、石浦も、高校、大学時代からアマチュア相撲界では有名な選手でした。ただ、鳥取城北高から日大相撲部に進んだ石浦は、世界大会や国内の体重別の大会などでは好成績を収めていますが、無差別で戦う団体戦などのメンバーだったわけではありません。その分、大相撲の世界に入った当初は、ケガなどもあって苦労していました。

 高校、大学の同級生で、同じ宮城野部屋の山口(元幕内・大喜鵬。現在は幕下)が、スピード出世して幕内まで駆け上がっていく一方で、なかなか日の目を見ることはありませんでした。けれども、こうして今、"関取"として注目を集める存在になったことは、私自身、本当にうれしいし、頼もしく思っています。

 この場所、宇良は初日から5連勝、石浦は4連勝と、絶好のスタートを切りました。しかしその後、石浦は7連敗などもあって、最終的には7勝8敗と負け越してしまいました。小兵力士が15日間を乗り切る難しさを感じましたね。

 宇良も途中、息切れしそうになりましたが、終盤になって再び盛り返しました。結果的に11勝を挙げて、特別賞を贈ってあげたいほどの活躍を見せました。今後のさらなる活躍が期待できます。

 何はともあれ、ここ最近の場所と同じく、名古屋場所も連日盛況でした。足を運んでくれたファンの方々にはこの場を借りてお礼申し上げます。

 残念ながら私は優勝を逃してしまいましたが、千秋楽後の宮城野部屋の打ち上げパーティーには、多くの方々が足を運んでくれました。その後の食事の席では、元ドラゴンズの山本昌さん、ドラゴンズの谷繁元信監督もいらしてくれました。おふたりと話をしているときは場所の疲れも忘れて、本当に楽しい時間を過ごすことができました。おかげで、すごくリフレッシュできたように思います。

 私が尊敬する大鵬関が大活躍していた昭和40年代の頃、世の中では「巨人、大鵬、卵焼き」というフレーズが流行ったそうですが、来年は「中日、白鵬、目玉焼き」なんてことになればいいな、と思った夜でした(笑)。

武田葉月●構成 text by Takeda Hazuki