白石あさえの目指せコースデビュー! 連載●第18回 
〜カリスマコーチ内藤雄士がビギナーのために特別レッスン〜

ユーティリティを打ちこなせれば、2打目が楽に

内藤雄士コーチ(以下内藤):前回のレッスンでは、初めてドライバー以外のクラブ、ユーティリティを打ってもらいました。今回も引き続き、ユーティリティを打ちこなすためのポイントをお教えします。

白石あさえ(以下白石):よろしくお願いします。周りからアイアンの練習はしないのかと言われるんですが、ユーテリィティの方が大事なんですか?

内藤:女性のように非力なゴルファーの場合、ティショットをドライバーで打って、次の2打目はフェアウェイウッドかユーティリティを使うことになります。グリーン近くまで飛ばすことができれば、3打目はウェッジということになります。するとアイアンの出番は意外とないんです。だから、ユーティリティを優先的に練習するのがいいのです。

白石:アイアンになると、またスイングは変わるんですか?

内藤:いいえ、基本的には変わりません。ユーティリティを打ちこなせるようになれば、アイアンも問題なく打てるようになりますよ。そこでポイントになるのがセットアップです。前回も説明しましたが、ドライバーとユーティリティで大きく異なるのがボール位置です。アドレス(ボールを打つときの構え)さえ間違っていなければ、スイングは同じなので、大きなミスになることはありません。

白石:前回のレッスンで、ボール位置は両足の真ん中に置くと言われましたが、真ん中に置けているかどうかがわからないんです。

内藤:練習場だと、マットや鏡を使ってアドレスをチェックできますが、コースではそれができなくなります。だからこそ、しっかり正しいセットアップの形を体で覚えておくことが大切です。

白石:私にもできる良い方法はありますか?

内藤:ゴルフにはルーティンと言って、アドレスに入る時の一連の動きを指す言葉があります。要するにアドレスの入り方を同じパターンで行なうことで、毎回正しく構えられるようにするものです。まず両足を揃えた状態で、真ん中にボールをセットします。この状態から右足、左足の順でスタンスを広げると、ボールを両足の真ん中に正確にセットできます。

白石:なるほど! これなら真ん中に置けている感じがします。ありがとうございます!

●ボールを正しい位置に置くためのルーティン

両足を揃えた状態でボールの前に立ち、クラブを構えてから足の幅を左右等間隔広げることで、常にボールを両足の真ん中に正確にセットすることができる。

ボール位置が正しければ大きなミスは出ないという内藤コーチの言う通り、ナイスショットを連発する白石さん。

女性のような非力なゴルファーにとって、ドライバーの次に重要になるのは使用頻度が多いユーティリティになると内藤コーチ。

(内藤雄士プロフィール)
ないとう・ゆうじ●1969年生まれ。東京都出身。日本大学ゴルフ部出身。ゴルフ部在籍中に渡米し、アメリカの最新理論を習得。1998年にプロゴルファーを教えるツアープロコーチとして活動を開始。日本にツアープロコーチという概念を持ち込んだパイオニア的存在で、丸山茂樹の米ツアーでの活躍の立役者となった。その後も多くのプロのサポートを行なう傍ら、ジュニアゴルファーの育成にも積極的に取り組み、日本ゴルフ界の根本的レベルの底上げに尽力している。ゴルフを中心としたメディアでのレッスンのほか、ゴルフネットワークでのトーナメント解説など、活躍の場は多岐にわたっている。

(白石あさえプロフィール)
しらいし・あさえ●1991年生まれ。千葉県出身。昨年念願だったグラビアデビューを果たす。今春からは各週刊誌でページをジャック、パーフェクトボディーが注目を浴びる。6月末発売の週刊プレイボーイ28号では、巨匠・渡辺達生氏らとコラボしたグラビアが話題に。学生時代はバスケットボール部に所属し、趣味はスノーボードというスポーツウーマンで、大型自動二輪免許も取得し、バイク好きでもある。ゴルフはクラブを触ったことがある程度というまったくの初心者だったが、この連載で着実に上達。「ボールが芯に当たるようになってきました。まだ、恥ずかしいので練習場では端っこにいますけど(笑)」。身長:164僉B:94 W:60 H:88 血液型:A型。

出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato