7月31日(日)、早朝から大勢の「ハチロク」ファンが快晴の富士スピードウェイに集結、国内最大規模となるトヨタ「86」とスバル「BRZ」による真夏の祭典「Fuji 86 Style with BRZ 2016」が開催されました。

1

トヨタ86、スバルBRZともに7月5日にマイナーチェンジが発表された直後のイベントとあって、会場は大賑わい。

2010年の初開催から今回で7回目となるファンイベントで、今年も大勢の86/BRZユーザーや両車のファンが参加。会場は往年のAE86型「レビン/トレノ」も含め、カスタマイズされた色とりどりのハチロクで埋め尽くされました。

イベント主催者(富士スピードウェイ)の発表によると、当日の参加人数、参加台数は14:00の時点で9,000人、3,900台(トヨタ86:1,900台、スバルBRZ:600台、AE86:300台、その他)だったそうです。

イベント広場特設ステージでは恒例となったトークショー「ドリキンの言いたい放題」や、ドレスアップ&カスタマイズコンテストが催され、美しくドレスアップをキメた参加者にはSUBARU/STIの辰己英治総監督から優勝賞品が手渡されました。

ステージにはトヨタのスポーツ車両統括部長であり、トヨタ「86」の開発責任者でもある多田哲哉氏(右)が登壇。

サーキットコースでは、86を使った「織戸 学 vs 谷口 信輝」 両選手による華麗なドリフト対決が行われ、ドリフトファンも大満足の素晴らしい戦いを見せてくれました。

当日は一日中太陽が照りつけ、まさに「真夏の祭典」といった様相でしたが、夕方からは富士裾野ならではの涼しい風が吹き始め、遠方から駆けつけた参加者の表情にはイベント終盤まで終始、笑顔が溢れていました。

ハチロクの人気熱がまだまだ冷めやらないことを証明したイベントとなった次第。

次回は引き続き、筆者の目に止まったエレガントなカスタマイズ車や、同時開催された新型86の試乗会の様子、また織戸、谷口両選手によるドリフト対決の詳しい様子などについてお伝えしたいと思います。

(Avanti Yasunori)

【関連記事】

トヨタの「スポーツ・ハイブリッド」戦略は次期86/BRZにも展開される?
http://clicccar.com/2016/07/14/386027/

マイナーチェンジでスバルBRZと統一されたトヨタ86の「あの」部分とは?
http://clicccar.com/2016/07/13/385704/

次期「86/BRZ」も富士重工業とトヨタが共同開発!
http://clicccar.com/2016/05/23/373197/

豪トヨタが開発した「86シューティングブレーク」とは?
http://clicccar.com/2016/05/08/370773/

「86GRMN」は豊田章男社長が主導する「もっといいクルマ」だった
http://clicccar.com/2016/04/30/369670/

「Fuji 86Style」に9千人超の86・BRZファンが集結! スポーツカーは復権したのか?(http://clicccar.com/2016/08/01/389822/)