旅するショコラティエ」の異名を持つシャポン

写真拡大

フランス・パリ発のチョコレートの名店「シャポン」が2016年8月2日〜9日の期間限定で銀座三越(東京都中央区)に登場します。

世界各地のカカオを食べることができ、「まるで世界旅行をしているよう」とパリジェンヌに長年愛されているBean to Barブランドをこの機会にぜひ味わってみて!

元バッキンガム宮殿の専属アイスクリーム職人が作るチョコ

ショコラティエ、 パトリス・シャポンは、 元はバッキンガム宮殿のお姫様に専属で仕えていた、 最高峰のアイスクリーム職人でした。日々の公務に追われる忙しいお姫様のひと時の癒やし、 そして喜びになるようなスイーツを毎日創り続けていました。

その彼がカカオが持つ様々な魅力に衝撃を受けて、 ショコラティエとしての道に専念することを決意し創り上げたブランドがBean to Barのチョコレートブティック「シャポン」です。

最高峰の味はもちろん、見た目のデザインも人気の理由です。パッケージから、チョコレートまで全てシャポンのオリジナルのデザイン。カラフルでオシャレなデザインはパリジェンヌに絶大な人気を誇っています。

ブラジル カカオ70%、ニカラグア チュアオ カカオ70%、ミルクとココアのチップ 45%、ガナッシュ シトロン、プラリネ・ピスタチオ、ノアールメキシコなど、タブレットは全19種で2000円〜。

タブレットのほかにもホワイトチョコレートにそのままカラフルな模様がプリントしてあるかわいいクマのチョコレートなど、たくさんのチョコレート出会えます。

また、日本限定の「プレミアムアイスバー」(全9種 、1本 455円〜)もあるのでお楽しみに。

場所は「銀座三越」地下1階、営業時間は10時30分〜20時です。

詳しくは公式サイトで。