画像

写真拡大

 電通は、DMPを提供しているインティメート・マージャーとの資本業務提携を行う。同提携で両社はパブリックDMP「dPublic」の提供開始に向けた準備を進めていく。

 電通は、DMPを提供しているインティメート・マージャー(以下、IM)の第三者割当増資を引き受けるとともに、電通独自の統合マーケティングプラットフォームである「Dentsu.io」の強化・拡充に共同で取り組んでいくことを目的とした資本業務提携を行う。

 同提携は、プログラマティック・バイイングのニーズの拡大に伴い、外部データの利用をメインとしたパブリックDMPの重要性が高まってきていることへの対応、IMへの資金サポートおよび事業シナジーを通じて、同社の更なる成長の支援を行うために行われた。

 両社は今後、IMの技術提供を受け、「Dentsu.io」でパブリックDMP「dPublic」の提供開始を8月下旬に予定。さらに「Dentsu.io」で提供している統合マーケティングの管理プラットフォームである「STADIA(β版)」(スタジア・ベータ版)を活用したマスメディアとの連携強化や新たなマーケティング関連ツールの開発などを行っていく。

MarkeZine編集部[著]