日本初導入の無人運転バス!期間限定で幕張新都心「豊砂公園」を走行

写真拡大

日本初導入の無人運転バス『Robot Shuttle』の試験運行がスタート。

8/1〜8/11まで、イオンモール幕張新都心に隣接する豊砂公園の敷地内にて試験運転される。

日本国内初の「無人バス」試験導入!

一見するとカートのようにも見えるが『Robot Shuttle』は、最大12名(着席6名)が乗れるれっきとしたバスで、車椅子での乗車も出来るという。ただし、通常のバスと違って運転手は乗っていない。

今回の試験運行は、イオンが取り組む「地域エコシステム」の柱のひとつ「地域内の交通や移動の進化」の一環として実施するもので、8/1〜8/11までの期間限定で千葉市美浜区の豊砂公園の敷地内でのみの運行となるそう。

利用料金は大人200円、小学生以下100円(2歳未満は無料)。ちなみに、無人運転バスの国内での試験導入は今回が「初」なのだとか。

sub1

日本では、私有地のみ運行可能

『Robot Shuttle』は、フランスの小型車製造メーカー・EasyMile社が開発した自動運転車両「EZ10」を利用した交通システム。

車両は電気自動車で、内部に運転席はなく、あらかじめ作成した地図データ上に設定したルートをカメラ、各種センサー、GPS を使って自車両の場所を測定しながら自動で走行し、自車両近くやルート上に障害物を検知した場合は、その障害物との距離に応じて自動的に減速・停車して危険を回避できるという。

現在、日本国内では私有地のみの走行が可能なため、今後は各種公共施設・商業施設・テーマパーク・工場などの内部における運用が想定されているそうだ。