写真提供:マイナビニュース

写真拡大

クローバは8月1日、SMB向けにコミュニケーションツールやアクセス解析機能も兼ね備えたホームページサービス「クローバ PAGE(ページ)」(以下クローバ PAGE)を同日より提供開始した。

クローバ PAGEは短期間でコンテンツ(ホームページ)を作成することができると同時に、コミュニケーションを取りながらマーケティングを進めていくことができる新しいプラットフォーム。4ステップでホームページが公開でき、作成時にはリアルタイムにプレビューが表示され、ドラッグ・アンド・ドロップでページを作成する。アップロードした画像から自動的にカラーパレットが生成されるので、デザインの知識がなくても色彩の調和の取れたページを作成できるという。

さまざまな用途の10種類のデザインテンプレートが用意され、今後のアップデートで新しいデザインテンプレートを追加するほか、業種ごとのテンプレートも提供を予定しているという。また、スマートフォンでの閲覧時には、自動的に最適なレイアウトに変換される。

クローバ PAGEで作成したページをSNSなどでシェアすると自動的に固有のリンクが生成され、他のユーザーがこのリンク経由でフォームにエントリーした際、つながりがわかるようになる。そのほかのコミュニケーション機能としては、ブログのように活動内容や近況を投稿して手軽に最新の情報を公開できる「タイムライン」やタイムラインに投稿した画像をフォトギャラリーとして一覧表示する機能、フォームからエントリーしてくれたユーザーと、スマートフォンやPCでメッセージのやりとりができる「ダイレクトメッセージ」、エントリーのあったユーザー全員にメッセージを配信する「メッセージの一斉配信」の各機能がある。

同社では、クローバ PAGE 内でユーザー同士がコンテンツを共有するBtoBマイクロコンテンツの流通基盤を提供し、1年後の流通量として1万コンテンツ/月(新規)を目指すという。

(丸山篤)