2016年秋に新型の発売が予定されている「インプレッサ」。国内仕様がお披露目されるなど、その熱は高まりつつあります。

新型「インプレッサ」はスバルの次世代商品の第一弾であり、新プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」を採用し、走行性能や安全性能は大幅な進化を遂げているといいます。

1

とはいえ、そういった中身の進化もさることながら、やはりクルマは内外装の仕立ても重要なポイント。

全体的なスタイリングだけでなく、ふと目に入るディテールなど、感性に訴える魅力の追及も、実は新型「インプレッサ」の進化のひとつなのです。

今回、そんな新型「インプレッサ」が見せるこだわりのディテールに焦点を当てたムービーが公開されました。

外観では、両端に『コ』の字形のLEDを配して精悍な印象を際立たせたお馴染みのスバル顔や、力感あふれる隆起が目を引くフロントフェンダー、そして立体的な造形で躍動感を表現するテールライトなど、どの角度から眺めても目を引くアイコンが特徴的。

 

一方、インテリアでは、張りのあるレザーをあしらったスポーツシートと、ピアノブラックパネルと精緻なメタルが目を引くセンターコンソールなど、思わず触れたくなるような上質さを醸しだしています。

 

動画を見るにはこちら

「改善ではない。改革である。」と掲げ、クラスの概念を越えたというその質感。動画からでもその実力の高さが伝わってきます。

(今 総一郎)

【動画】スバル「新型インプレッサ」の公開されたコンセプトムービーからわかること(http://clicccar.com/2016/08/01/389559/)