プレミアムな「おそうじ浴槽」 自動で洗浄からお湯はりまで!

写真拡大

 毎日使う水回りは、家の中でも掃除が大変な場所の1つ。でも、スイッチを押せば自動でキレイになるのであれば、こんなにラクなことはない。TOTOは、戸建向けシステムバスルーム「サザナ」のプレミアムHGシリーズから、自動で洗浄やお湯はりをする機能がある「おそうじ浴槽」を8月1日(月)に発売する。おそうじ浴槽は、スイッチを押せば開栓から洗浄、閉栓、そしてお湯はりまでを自動で行う、主婦には夢のような浴槽だ。汚れ具合に応じて、洗浄を「標準」「強力」「節約」の3つのコースから選べるのもうれしい。毎日、おそうじ浴槽に“家事”を任せていれば、手洗いでの浴槽掃除は2週間に1回程度で済むという。

 サザナシリーズにはそのほか、1)親水特殊処理を施して床表面の汚れが楽に落ちる「ほっカラリ床」、2)炭素の膜で水あかのこびり付きをふせぐ「鏡」、3)汚れを弾く人工大理石素材の「人大浴槽」、4)壁や浴槽と接しないデザインで掃除が簡単な「カウンター」 の4つの「お掃除ラクラク」機能がある。

 希望小売価格は、1坪サイズのバスルームで125万円(税別)〜と高価な買い物ではあるが、その価値は十分にあるかもしれない。