価格と性能はミニマル、使い方はマキシマム

写真拡大

スマートフォンおよびタブレットなどを扱うコヴィア(横浜市)は、タブレットパソコン(PC)「BREEZ Book W11」を2016年8月5日に発売する。

7時間以上駆動するバッテリー内蔵 プライベートからビジネスまで利用できる

キーボード脱着式で、ノートPCのパフォーマンスとタブレットの汎用性を兼ね備え、プライベートやビジネスなどシーンに合わせて利用できる。ボディは傷つきにくいアルミニウムを使用した高級感ある仕上がり。フラットな形状によりバッグなどへの収納もスムーズ。

10点マルチタッチ対応の11.6型フルHD(1920×1080ドット)IPS液晶ディスプレイ、CPU(プロセッサー)はインテル「Atom X5-Z8300」を搭載。メモリーは2GB、ストレージは32GB eMMC。microSD/SDXC(最大128GB)メモリーカードスロットを備える。

インターフェイスはUSB 3.0(OTG)×1、microUSB 2.0×1、microHDMI×1。メイン・フロントとも200万画素カメラ、マイクを内蔵する。IEEE802.11 b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0をサポート。約7.6時間駆動が可能なリチウムイオンポリマーバッテリー内蔵。

直販サイト「FLEAZ Direct」での価格は2万9800円(税込)。