「ポケモンGO」の聖地でゴミ拾いをする「ロケット団」メンバーに大反響

写真拡大

7月30日、あるTwitterユーザーが「ポケモンGOの聖地」で目撃したとする光景を投稿し、大きな反響を呼んでいる。

世界的ヒットゲーム「ポケモンGO」は、22日から日本でも配信され、大きな人気を呼んでいる。しかし、モンスターを採集できると話題のスポットでは、プレイヤーが大量に殺到するなど、大きな問題を引き起こしているようだ。

愛知県名古屋市の鶴舞公園も、ポケモンを捕まえるための「モンスターボール」にそっくりな噴水が存在し、アイテムを入手できる「ポケストップ」が数多くあるため、「ポケモンGO」の聖地としてプレイヤーたちが集結。結果として、園内にある「名古屋市緑化センター」のブログが、注意看板を破壊されたことや、ゴミが散乱していることを報告している。

そんな中、ユーザーは「ロケット団の一員がゴミ拾いしてた」というコメントとともに、ひとりの男性が「ポケモン」に出てくる架空の犯罪組織である「ロケット団」の格好に扮し、同公園のゴミを黙々と拾う姿をとらえた画像を投稿したのだ。

このツイートは、8月1日正午の時点で3万5500件以上のリツイートと、2万6800件以上の「いいね」を集めるなど、ネット上で大きな話題となっている。
【関連記事】
土田晃之が「ポケモンGO」をすすめられマジギレか「はぁ?殺すぞ」
「ポケモンGO」に裏技? 苫米地英人氏が独自テクニックを口走る
玉袋筋太郎が「ポケモンGO」に早くも高額課金していることを明かす