浮遊して充電する「スマートウォッチ用チャージャー」がスゴイ!

写真拡大 (全2枚)

Apple Watchの発売などで一時話題になったスマートウォッチだが、普及はまだ今一つと言われている。

しかしこのデバイスには少々心惹かれるものがあるのではないだろうか。

磁力で浮遊しながら充電

Apple WatchとPebble Watch用に開発された充電器「Lift」だ。

「持ち上げる」という名の通り、スマートウォッチが磁力で浮遊しながら充電される。

使い方はいたって簡単。スマートウォッチをパーツにセットし、ベース上に浮かせるだけ。

このシステムは電気自動車などを開発しているテスラの「空間を通して電気を誘導する」コンセプトにインスピレーションを得たそうだ。

またデザインや仕上がり、感触にもこだわっていて、見た目もスタイリッシュ。

開発者によると、高品質の加工を施したアルミニウムはデザイン性も強度も抜群だという。

スマホ充電やライトにも

さらにスマートフォンを充電したり、別売りの「Orb」を浮かべてライトとして使ったりすることもできる。

LIFT / Kickstarter

すでにKickstarterでは目標額を達成しており、今年10月には生産、発送を開始する計画だ。

値段は、249ドル(約2万5,000円)を予定。

現在、Kickstarterでは早割の149ドル(約1万5,000円)で販売している。